対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

あらけない

2017-04-18 | ノート
先日、娘と話していて「あらけない」が通じなかった。意外だった。「荒々しい。たいそう乱暴である。」という意味である。この地方(愛知)の方言かと思ったが、調べてみると、全国各地に分布しているようだ。古語「あらけなし」の口語体である。
「あらけない」の「ない」は、形容詞の「ない」(非存在)や助動詞の「ない」(否定)ではなく、接尾語の「ない」である。この「ない」は、性質や状態をあらわす語について、その意味を強める形容詞をつくるのだという。「荒け+ない」。「荒け」を強めて「荒々しい」。
同じような「ない」には、せわしない(忙し+ない)がある。「忙し」を強調して、たいへん忙しいのである。「忙しい」よりも、もっと忙しいのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満天星の花 | トップ | 幻視のなかの橋5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。