対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

ムクドリ

2017-03-15 | 日記
ムクドリは柿の実を啄んでるという印象が強い。庭に来る鳥の名前に興味をもちはじめたころ、ヒヨドリとムクドリが柿の木に止まっているのをよく見かけた。漢字は「椋鳥」である。椋の実を食べることから。英語はWhite-cheeked Starling、こちらは頬が白いことから。
今日、庭を歩いている鳥をみると嘴が黄色い。久しぶりにみるムクドリだった。虫を探しているのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョウビタキ2017 | トップ | シロハラ2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。