対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

ひらがな弁証法

2016-10-18 | 弁証法
提起した弁証法の理論は「ひらがな弁証法」である。次のように要約した。
あれとこれと
むすんで
ひらいて
ふたつを
ひとつに
つなぐわざ
「あれ」と「これ」は「論理的なもの」である。「むすんでひらいて」は、対話をモデルとした思考方法である(弁証法の場所的構造)。また、「ふたつをひとつにつなぐ」は認識における対立物の統一である(弁証法の過程的構造)。
これまで次のようにいってきた。弁証法は対話をモデルとした思考方法で、認識における対立物を統一する技術である。少し重い感じだった。次のようにいうことにした。弁証法は2つの「論理的なもの」を1つの「論理的なもの」にまとめる技である。軽い気分になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« べき | トップ | a man »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。