「基本指圧」に憧れて ― 村岡曜子のブログ

我が国固有の指圧を広く浸透させ、社会の保健と福祉の増進に寄与したい。

蓼科の「空気感」に感動、野生の鹿・春蝉の鳴き声に豊かな自然を肌身に

2017年06月20日 | 私の趣味

 61011日に新緑の長野県蓼科に出かけました。この6月に夫が喜寿を迎えるので、祝いをかねた一泊旅行です。いつも忙しい息子も珍しく同行し、旅は楽しみ倍増でした。
 治療院のスタッフYさんのお世話で、リゾートホテル「エクシブ蓼科」のスイートルームを予約できました。部屋は広々として居心地満点。ホテルの食事も美味しく久々にゆっくりできました。

  いちばんよかったのは、蓼科の「空気感」です。とにかくオゾンが濃いように感じられて、空気がとても美味しいのです。ホテルが林の中にあり、敷地が広大で周囲には何もありません。自然が深く、聞いたこともない鳥のさえずりが気にかかります。人口的な音がまったくない、こんな空間なんかなかなかありません。とにかく素敵です。
 人の気配が全くない森の中で、唯一通りかかった方が (ホテルの樹木を世話している方でしょうか?) 、 「今、鳴いているのは『春蝉』っていうんだよ」 と教えてくれました。そういえれば夏の蝉の声とは違い、暑苦しさがありません。でも確かに「蝉の声」でした。初めてでした。忘れていましたが、都会でも蝉の声を聞くことが少なくなっているように思います。きっと虫たちも都会では住みにくくなっているのでしょう。 

 蓼科の春蝉の鳴き声は、蝉独特な耳が詰まるような声でいっせいに一生懸命鳴いていています。それがこの林の魅力ではないかと嬉しい気分になりました。
 林の中で野生の鹿の群れに会いました。ここではあちこちに居るようです。鹿たちは、こちらを見て一瞬立ち止まり、いっせいにどこかに走って行ってしまいました。ここでは、野生の狐なども多く生息しているそうです。ただ、この森では、兎がいないというのです。その理由は狐がウサギを食べてしまうからだそうです。
 植物も動物も生き活きと生活している環境に感動し、本来ならその中に人間も共存できたら、としみじみ考えてしまいました。

   蓼科行きが決まった時から、1回乗りたいと思っていた八ヶ岳ロープウェイに乗りました。このゴンドラは、100名も乗れると聞いて期待して出かけました。ゴンドラ内は、四隅に3名ずつ座れるベンチがあるだけで、あとは立ったまま景色を見るようになっています。しかし景色が見渡せないほど、ギュウギュウ詰めになって行くのもどうかと思いますね。ただ、とりあえず憧れのロープウェイには乗れたので満足です。
 八ヶ岳の上は、風が強く小雨も降り始めました。散策したい気持ちもありましたが、少しだけ見てホテルに帰りました

 「エクシブ蓼科」の温泉はなかなかいいお湯で、大きな露天風呂で温泉気分を堪能しました。夜半に降った雨が、朝の空気をいっそう美味しくしてくれます。
 120パーセント満足できた旅でした。機会があったらまた新緑の蓼科を訪れたい。楽しいひと時でした。






宿泊したXIV蓼科の外観とロビー






ロープウエイの山頂駅で下車


林の中で野生の鹿に出会う


ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月の月例練習会、日にちと... | トップ | 7月の練習会は2回、17日は指... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む