◆Let’s log life◆

*v* ログ屋のひとりごと *v*

古いブロック塀には注意が必要です。

2016-12-07 | ログハウス
ログハウスを建築する場合にも、ほとんどが確認申請が必要です。

敷地の状況を見て、ついつい見逃しそうなのが、ブロック塀・・

このように、敷地の境界にあって、古い場合に現行の基準に合わないことが多いです。

1.2m以上の高さがある場合ですが、、
長さ3.4m以下ごとに、径9mm以上の鉄筋を配置した控え壁で基礎の部分において壁面から高さの5分の1以上突出したものを設けること」
「径9mm以上の鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置すること」などの基準があります。

でも古い塀がその基準に適合をしているケースがほぼ無いです。

なので、撤去することもあります、しかしながら境界の中心で、共同で作った場合などは、どうするかが
問題になります。

写真の場合には、隣地のブロックだったのでOkだった ということもあります。

危険なものは排除することが大切ですが、予算も必要で気をつけたい部分です。

ちょっと思い出しました。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハンドカットログハウスがどこでも建築出来ます。
詳しくは・・防火ログをご覧下さい。もちろん、マシンカットも防火ログです。
そして P&Bも問題無しです。

カナダ産レッドシダー・イエローシダーを使用した夢のログハウスをご提案
もちろん良質な国産材もバリエーションに加わりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二年少し経ちましたね。 | トップ | ハンドカットログの刻み・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む