染織工房きはだや 「店主の独り言」

きはだや店主が今日の出来事を語る。喚く。話す。切る。
でも日記は苦手。
皆様の気軽なコメントをお待ちしています。

自由である大学

2017年06月19日 | 店主の一日
先日、とある事情で中学校三年生になる坊主を連れて県内にある某国立大学に行きました。
地方都市の郊外にあり、広大な敷地に校舎が点在しています。
ツツジの花が先、好天の空に木々の緑が映えます。
なんと言いましょうか、あの大学の自由な雰囲気は実に魅力的で、勉強をするかしないかはともかく、その懐かしさは気持ちをヒリヒリさせます。


ふと、校舎の中に入ってみたくなって、坊主に「おい、図書館に入ってみよう」と誘うと、
不安そうに「勝手に校舎に入っていいの?」と問います。


「大学は自由な場所だから、誰が入ってもいいんだよ。入っていけないのは警察と機動隊だけ」と言ったら、なんだか意味がわからないふうでした。
真面目なのだか、不真面目なのだかどこまでもわからないお父さんです。
あはは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縞を考える。 | トップ | 機のおもりと今日から梅雨入り。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

店主の一日」カテゴリの最新記事