旅する骨董屋 喜八

チベット圏を中心にアンティークや古民芸・装飾品を旅をしながら売買する喜八の、世界の様々な物や人その文化を巡る旅のブログ。

ラサ バルコルにて

2017年11月30日 | 仕入れ旅

ラサに着いたら、まずはバルコルに行くだろう。
チベットに興味がある誰もが知る、大聖地ジョカン寺の周りを囲む八角形の巡礼路である。

バルコルには昼夜、多くの巡礼者や地元民が行き交うのを目に出来る。




革のチュパ(民族衣装)にハットがシビれる。
ローカルの親父さん。
革のチュパを着るている人は東チベットやネパールでは目にしない。





ジョカン寺の前。
多くの人が五体投地で祈る。





バルコル。
昼間は多くの人で大賑わい。
通行方向は、チベット仏教上、お約束の時計回り。





路地裏のバター屋さん

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« チベット自治区ラサに到着 ... | トップ | 図太さ、という事 チベットにて »

コメントを投稿