ミハ缶ブログ

ヘタレ院生が綴る日常と非日常。

ネギま!サイトについての自分の考え(長い文章になりましたが(^^;)

2005年02月28日 | 2010年以前の記事
 この文章はネギま!系サイトの管理人の皆さんに読んで欲しくて書きました。
 一部気に入らない表現があるかも知れませんが、どうかご一読していただき、この件について少し考えていただけますと幸いと感じます。
 当然まじめにいきます。
 反論・感想・同感などありましたら、掲示板でもメールでもどうぞ。

 なお、この文章はある特定のサイトに限定して書いたものではありません。あしからず。



 私は本来は文芸系のサイト(空缶文庫)の管理人をしています。文芸系といっても、私はオリジナル短編小説をメインとしていますが、そのユーザーの絶対数というのは文芸系全般を含めても非常に限られております。

 なので、各サイト(友達同士の内輪受けのサイトや投稿系などの一部を除く)の管理人は自分のサイトのユーザーを大事にしますし、ユーザーも基本的に管理人のファンですので尊敬もしますし、大切に思います。そうしないとすぐに閑古鳥が鳴いてしまう、そういった世界だからです。

 しかし、ネギま!サイトはどうでしょう。看板に「ネギま!」と書いておくだけで一定数の人はカウンターを回してしまうのです。だから管理人も「ユーザーを大事にする」という事を学ばず自己中心的な管理を行ったりしているのではないか、私にはそう思えてなりません。
 どのサイトがなどは言いません。もちろん利用者の事を考えてくださったりとてもマターリした雰囲気のネギま!サイトを私は知っています(特に姉妹提携のサイトさんや某同盟系サイトさんなどw) しかし、全体的に見ますと、どこか殺伐としているサイトが多いような気がするのは私だけでしょうか。

 ユーザー(利用者)も同じです。管理人あってのサイトです。管理人を神のように称えなさいとは言いません。しかし、管理人だって人なんです。間違いだってするし、現実世界で忙しかったりする場合だってあるんです。
 そして、荒らしという行為は、管理人の心にダイレクトにダメージを与える最低の行為です。荒らしを受けた管理人さんで人間不信になったという例は沢山聞いています。事実、私も一時期そうでした。

 まあ、ネギま!サイトにおけるトラブルで利用者側に問題がある場合は大抵ネチケットに関する意識が低かったりと、ある意味では他の系統のサイトでよくある「困ったさん」と変わらないのですが、問題はネギま!系サイトの場合、サイト運営者に「困ったさん」が多すぎるという事。

 例えば、オフィシャルサイトから画像をコピーしてきて加工して飾るとか、利用者を傷つけるような発言をするとか、気に入らない利用者をすぐアクセス禁止にするとか……。

 ネットは広大な海です。情報という名の水が詰まった、コミュニティーという名の魚の泳ぐ海です。
 その壮大さに似合うだけの広い心をもってください、と、私はサイト管理者、特にネギま!系のサイト管理者に言いたい。声を大にして言いたい!!

 利用者さんをもっと大事にしましょうよ。あまり緊張しないで、もっと気楽に管理しましょうよ。所詮趣味なんですから。
 ちょっとばかし気に入らない利用者さんがいたっていいじゃないですか、世の中色々な人が居るんですから。貴方も大人でしょう? もっと広い心を持って接してあげてください。



 これを書いたのは、ある方から管理人に嫌われてアク禁を掛けられてそのまま許してもらえないとか自分の事を荒らしではないかと疑われているといった相談を沢山受けたので、ちょっと考えてみた事を皆さんに考えてもらいたかったからです。

 元々の利用者数が少ないオリジナル文芸系サイトに比べてネギま!系サイトというのはなんか管理人が傲慢で殺伐としていて、荒らしが起きやすいように思います。
 ネギま!系サイトの管理人さん、そして、その利用者さん、どうか考えてください。
 そして、何か意見がありましたら、ここのメッセージ投稿コーナーでも、掲示板でもメールでもいいので、書き込み下さい。


 少しでも、ネギま!サイトの様子が改善されますように……
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットライフを快適に過ごす... | トップ | 最近ネットに顔を見せない件... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む