よかど!鹿児島

企業家交流協会のモノづくり、人づくり、地域づくりのための支援活動や鹿児島の魅力などについて情報提供していきます。

時短正社員普及するか?/どうなる日本経済

2017-06-14 09:43:36 | 鹿児島での活動

時短正社員採用普及するか? 

働き方に幅 で、働きやすくする

今朝の日経新聞、コロワイドやすかいらーくなど外食大手が、労働時間を短く限定した正社員制度を相次ぎ導入するという記事が掲載された。

人手不足が続いている中で、特に人材の確保が厳しい外食産業や流通産業、働く時間を社員の働き方に合わせて調整することで、子育てや介護をしている人でも正社員として働きやすくするというねらいらしい。

酒屋「甘太郎」や焼肉店「牛角」を展開するコロワイドは、一週間の労働時間を最短20時間とする限定社員制度を6月から導入。勤務地は通勤できる地域内の店舗に限定。働く店だけを限定する社員を含め、来年3月末までにグループで100人の採用を計画するという。

すかいらーくでは、その日の繁閑に応じて1日の労働時間を4時間から12時間までの5つのパターンから自由に選べる制度を導入。組み合わせによって週休4日も可能となるとのこと。

ロイヤル屋吉野家も短時間勤務の導入を検討しているらしい。

人材獲得が難しいだけでなく離職する人も増えており、正社員へのハードルを低くして人材のつなぎとめを図るねらいが、果たしてうまくいくのか、今後の動向が注目される。

 

 

        外食業界では人手不足が深刻化している(すかいらーくのガスト)   

かごしま企業家交流協会  http://www.kagoshima-kigyouka.com/    

かごしまシニア応援ネット http://www.kagoshima-seniorouen.net   

かごしま移住ナビ  http://www.kagoshima-iju.com/     

かごしま‟しま”のサポーター http://www.shima-supporter.com/ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガストロノミーとは?/鹿児島... | トップ | JT事業に感謝/鹿児島での活動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。