散歩瞑想記 & ツレの物語

歩きながら自然とエネルギーを循環させる、散歩瞑想をしています
そして、ツレ、物語る

オニヤンマにかまれた

2017年07月13日 23時12分45秒 | 日記

仕事をしていたら、トンボが窓にぶつかっていた。

開いてるとこから出てってね、と思ったままトンボのことは忘れた。

しばらくたってから「ブン」といったので、あら、まだいたのかと思った。

捕まえてみるとオニヤンマの小さいのみたいだった。

蜘蛛の糸がからまっていたのでとろうとしたけど、脚が折れちゃいそうだったからハサミで切った。

いや脚じゃなく蜘蛛の糸を。

外に出て手にとまらせて、飛んでいくのを待っていたけど飛ばなかった。

少し弱っているようだ。

よくよく見ると、まあなんて吸い込まれそうな眼でしょうか。

頭の半分以上が眼だった。

図鑑で見たように、細かいハチの巣みたいなあみあみが見える。

あみあみの内部は緑色のオーロラみたいだった。

トンボの眼の中に極地の空がある。

と、夢みたいにしあわせだったのは私だけで、トンボはストレスいっぱいで私の手をかんだ。

イデデデデ ほんとに痛かった。

眼の下の、鼻(みたいに見えるもの)の下の口が、ぐわーっと開いてガッと歯(があるのかわからないけど)が刺さった。

口を開くと顔がとても怖かった。

それでオニなのかなあ。

葉っぱに移動させたら、葉っぱを噛み切っていた。

やっぱりストレスだな。

一分くらいしてから飛び立っていった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 山散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。