まーどんなぶろぐ

ただいま他所のSNSに外遊中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■こっちはどうなる 中道→保守?

2005年09月12日 | 巷の話題
今回 日本の選挙では国民は小泉政権続投を選びました。 ドイツも連邦議会が解散され総選挙の投票を来週に控えています。  16年間続いた保守 CDU のコール政権から中道 SPD シュレーダー政権に変わったのが 1998年のこと。 経済の低迷、失業率が下がらずといった内政問題が一向に片付かず、 国民もシュレーダー政権に嫌気がさしてきているのでしょうか、 与野党の勢力が拮抗している、 CDUの政権奪還なるか…と報じられています。 その保守党CDU (キリスト教民主同盟)の党首を務めるのが メルケルおばさん (1954生)です。 



ハンブルク出身ですが東独育ち、物理のドクターから政治家に転身した人です。 東西統一後、 (西側で)当時与党だったCDUの 《東側の人材、とりわけ女性もきちんと登用している》 というイメージ戦略に乗って頭角をあらわしてきたおばさんです。

”ドイツ歴史博物館” というサイトの中に Angela Merkel 1991-1998 と題してメルケルおばさんの写真が8枚載せられています。 彼女の変貌ぶりを見るといろんなことが想像できてちょっと面白いです。

防戦一方の中道与党シュレーダー氏は近頃 眉間のシワが深まり精彩を欠いて見える・・・のは気のせいでしょうか。



果たしてドイツは中道→保守と政権交代がなるのか。。。
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■野分 | トップ | ■普段は目立ちませんが »
最近の画像もっと見る

あわせて読む