◆綺麗に堂々♪ブログ編◆

That's the way to go! 役者崩れ、お気楽生活。

ナレーション用の映像

2016年10月20日 | 日常...

 

大学でナレーションテクニックという講義を担当しているのですが、少人数構成でなかなか楽しいです。

今はまだ、後期の授業が始まったばかり。発声練習や滑舌が演習の中心ですが、最終的にはアフレコをします。

クロマキー撮影ができるスタジオで、大きなモニターに映った映像に向かってマイクを前に声を入れるのは

教室で朗読をするのとは違った緊張感とわくわく感を得られるでしょう。

このときに使う映像は、ニュースやCM、企業PVなど。

実は「教材」として使う場合、一定の条件を満たせば著作権を侵害せずに使えるのです。ありがたい!

主な条件である、「学校の授業で定期的に行っており、学生は50人以下の少人数」ということで、私も使わせてもらっています。

放送大学のページにも、このような記事がありました。こちら。

 

このように授業では使える著作物ですが、実は教育委員会主催であっても勉強会などでは

きちんと許諾を受けないといけないのです。これ、盲点でした。

 

実は11月に、まさに教育委員会主催の研修会があり、その講師を担当させていただくのですが

使おうと思っていた映像が使えないことに気づいてしまいました。

研修会は「発声」に関する講座と「伝え方」に関する講座の2種類を予定しています。

そこで、受講者さんには「いつもと違う体験」をしていただきたいと考え、アフレコのワークショップをしようと思っていたのです。

しかし、映像には著作権があるわけで・・・・・・。

 

10年ほど前は著作権NGも見逃してもらうということが多くありました。

今は厳しくなっていると同時に、自主的に守る人が増えているという印象です。大切なことですよね。

 

授業ではOKでも研修会ではNG・・・・・・となれば、その映像は使えません。

すると自分で作らなければいけないわけです。ビデオ片手に海にでも行こうかと考えた、そのとき。

世の中にはありがたい方がたくさんいらっしゃるものなのですね。

「著作権フリー」の映像や音楽を公開しているサイトを見つけました。

 

30秒ほどの映像をピックアップして、音楽をセット。クオリティの高い画像と音楽のおかげで、研修会用映像の完成です。

まだ微調整は必要かもしれないのですが、いくつか作って、一番いいものを使わせてもらおうと思っています。

あとは、ナレーション用の原稿を書かなくては。このくらいはオリジナルで頑張らなきゃいけないね~。

 

ちなみに上の写真は昨年秋に取材した「東京オリンピック・パラリンピック 文化プログラム」の舞台セット。

ビデオも撮っているので、これもナレーションに使おうか検討中なのです♪

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海と空と陸と。 | TOP |   
最近の画像もっと見る

Related Topics