憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

いろいろなブログを貼っていくつもりです。
いわゆる、「他人のふんどしで相撲を取る」他力本願寺ですね。
アニメ、特撮

赤旗駆除作戦

2016-10-13 16:05:13 | 政治家
行橋「ゆくはし」市市議会議員小坪慎也さんのブログです。


https://samurai20.jp/2016/10/akahata-31/

引用

共産党がひた隠しにしたい実態。
政党助成金をもらってないのは事実だが、「代わりに」何をしているか、である。

議員に比較し立場の弱い公務員に対し、押し売りまがいの勧誘行為を継続している。
赤旗には日刊紙と日曜版がある。

日刊紙は赤字まみれのようで、単体での黒字化は不可能だろう。
かと言って重要な位置づけ(後述)の日刊紙を廃刊にすることは、党の方針としても難しい。
これを「日曜版の収益」で維持しているのが実態とされる。

その赤旗だが、地方公務員が買い支えている、もとい「買い支えさせている」のが実態であるならば、(給与として支払われた後とは言え)原資は税金である。

「政党助成金をもらってない」という美名の元、実際はどのようなことをしているのか。
さて、共産党が隠したい実態について、私の過去の活動を軸に、報道資料で振り返ってみたい。
まるで一つながりの読み物かのように、ストーリーは進んでいく。

いま振り返る、赤旗撲滅作戦。


引用以上


赤旗日刊版の20万部と言う数字ですが読売のサイトhttp://adv.yomiuri.co.jp/yomiuri/download/PDF/circulation/national02.pdf
と新聞広告comさんのブログ
http://s.ameblo.jp/sinbunkoukoku/entry-10298437217.html
で見ると下手な地方新聞よりも多いのですね。
さらに日曜版の100万部となると北海道新聞と中日新聞の次に多い!ベスト10に入っています。もっとも押し紙が有りますから、正確な数字は分からないですがね。
さて、赤旗には押し紙は無いのでしょうか?左翼系の出版社などが広告を出している印象が有るのですがね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本とソ連の休戦日の違い | トップ | 村田蓮舫氏に公的書類の公開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL