ジョルジュの窓

乳がんのこと、食べること、生きること、死ぬこと、
大切なこと、くだらないこと、
いろんなことについて、考えたい。

パートナーと学ぶ乳がん

2017-06-15 | 乳がん
いつまでたっても、一番見ていただいている記事が
乳がん患者とセックス (2004-10-16 )  だというのが、気に入らない。

確かに、あれは 
思い切って書いたし、真面目に書いたし、精一杯書いたし、
力作では あったんだけどね。

ええと。

2017 - 2004 = 13年も前の記事だよ!!!!!

今なら、もっと進んだ、もっと良い読み物が
あちこちにあってもいいんじゃない!?






新聞記事に 気になるのがあったから、
久々に「乳がん」カテゴリーだよ。



勉強会 「パートナーと学ぶ乳がん」

6月17日 午後2時

東京都港区の高輪区民センター

昭和大横浜市北部病院の がん専門薬剤師・縄田修一さんが、
乳がん患者のパートナーである男性を対象に、
治療や体調の変化などについて講演。

一人で参加する場合は 参加費1500円、
2人の場合は 計2000円。

申込は  https://ws.formzu.net/fgen/S48985200  まで。


     6月17日(土)第39回
     主治医に言うほどではないけど、
     なんかモヤモヤ~な方、集まりませんか?の会
     「パートナーと学ぶ乳がん」@白金高輪
     https://moyamoyanokai.jimdo.com/

というフォームがあります。






きっと、もう少し若い人で、
もう少し 術後年数が短い人の方が、
「押し殺しているけど言いたい言葉」ってのが
あると思うんだよね。

そんな言葉を吐き出したり
吐き出された言葉に触れたりするだけで
変われる部分が、
胸の奥の、底の底の方に、
あると思うんだよね。

どうしたら良いかわからなくて、
ウロウロしている男性も少なくないと思うし、
どうしたら良いかわからないから、
いろいろ無駄に我慢してるかもしれないから、
彼らのためにも いろいろ有意義な会かもしれない、
参加する事は無駄じゃないと思うんだよね。



若い人、頑張ってよ!






それにしても、私のこの 乳がん患者とセックスって記事、
長いよね!!!

たくさんのコメントをいただいて、
長々と返しているから。

身につまされた人が それだけいるって事かな?

慎重に、でも 一所懸命に お返事してたのよ。

珍しく、追記もしたしね。



モヤモヤ~な方、いらっしゃったら、
追記やコメント欄も じっくり読んでね!






それから、私が使ったのは、
ローションではなくて、ゼリー。

男性のためのものではなくて、
女性のためのものだからね。

買う時、間違えないでね!

痛いんだから!!!!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイルド茨城弁 | トップ | 顔は変わる! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ジャジャ馬)
2017-06-16 23:24:34
そうですか。13年も前の記事なんですね。懐かしくて読み返して見ました。
やっぱり何度読んでもウルウルしちゃいます。その当時の自分の切羽詰まった気持ちが思い出されるからかも知れません。
私がジョルジュさんのブログにたどり着いたのは4年程前ですが、私が探していたのはこれだ!と直ぐに分かりました。
治療方法などは随分様変わりした感がありますが、それ以外の、患者のQOLに関してはあまり進歩がないような気がします。
それにセックスについてというのは、面と向かっては言いにくいテーマですものね。
顔が見えないというのはネットの良いところですね。

いっそのことジョルジュさん、出版なさってはいかかですか?
それで救われる人がきっといると思うのですが………ダメかなぁσ(^_^;)
ダメですっ(笑) (ジョルジュ)
2017-06-17 12:58:47
言いにくいですねぇ。
同じ乳がんと言っても、その癌のステージや場所にもよるし、
患者の年齢や立場によっても ずいぶん違いますね。
同じような年齢で 同じような家族構成でも、
夫婦の事となると、性格も違えば、職業も違う。
同じ人は 本当にいないんですよね。
ただ 「想像する」って、大事だと思うんです。
相手の気持ちを「忖度」する事って。
ただ、その「忖度」を 相手が喜んでくれるかどうかは、また別で。。。(苦笑)。
コミュニケーションって、大事だけど、難しい。

何人もの人が 一所懸命にコメント欄に書きこんでくれていて、
その意味では、ホント、あの記事は ふたつとない大事な記事です。
Unknown (トト)
2017-06-24 09:57:53
お久しぶりです!

麻央さんのブログ、私はあえて観ないようにしていました、しかし、嫁は唯一観ていたブログ、自宅療養になり、日々衰弱していく麻央さんを、画像を私に見せながら「あ~・・・」と、ぶつぶつ独り言です。

当然と云えば当然でしょうが、おそらく、嫁は麻央さん目線、私は海老蔵さん目線?

嫁の術後治療は良好で、あえて言うなら元気な癌患者です、私が最も感じるのは、テレビで流れる麻央さんと海老蔵さんの夫婦のありかたでした。

仕事、子育て、兄弟、両親、等など、
皆さんも、同じような事は出来ないけども、自分の境遇と照らし合わせたと思います、これでいいのだろうか・・・

昨日から流れている海老蔵さんの記者会見、いつもは、流ちょうな言葉づかいも、ふと詰まる言葉!声にならない表情、それらと、ジョルジュさんの文中にある
「そんな言葉を吐き出したり、吐き出された言葉に触れたりするだけで変われる部分が、 胸の奥の、底の底に、・・・」

当時の自分を想いだし、少しだけ成長した自分を重ねます?

抗がん剤を投与後、「あ~腹減た・・・病気になるわ!」と、帰宅してもガンガン食っている嫁に安心します。

トトさん♪ (ジョルジュ)
2017-06-26 18:45:57
奥さま、どうなさったかな~、と思ってましたよ。
「ガンガン食ってる」ご様子(笑)、安心しました♪

麻央さん(時々、「真央さん」と間違えて書いてる人がいるけど、あれは真央ちゃん」だよね(笑)の事については、
乳がん患者は あれこれと 何かしら考えているような気がします。
私がピンクの戦士と知っている戦士じゃない人たちからも
麻央さんもねぇ、と いろいろ話題に出てきます。
それだけ マスコミに取り上げられているのでしょう。
それも大変だなぁ、お仕事も休めないのに、などと考えたりもしています。

トトさんの成長は 「少しだけ」ではないと思いますよ。
何年も いろんな事を考えてきたのですもの。
奥さまも 様々に 考えて生きて来たはずです。
悪い事ばかりでは ないはずです。
それが何か、は 私にはわかりませんが。
たくさんのギフトを、遠慮なくいただきましょう!

乳がんは 数ある癌の中でも、抗がん剤による標準治療が良く効くガンです。
2年に一度 どういう治療が最適か スイスで国際的に発表があります。
もし 乳がんになった事で 他の癌にならずにすむような生活習慣を身に着ける事ができたなら 
それは「良い事」ですよね? ラッキーですよね?
ああ、私は もう一度 「中高年の肥満」から逃れられるように頑張らねば!

海老蔵トトさん、これからも奥さまを支えて下さいませね、自然体で。

コメントを投稿

乳がん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。