ジョルジュの窓

乳がんのこと、食べること、生きること、死ぬこと、
大切なこと、くだらないこと、
いろんなことについて、考えたい。

教祖、逝去

2017-08-05 | ムギュムギュ教
ムギュムギュ経の教祖さまが救急搬送された先の病院には、
緩和ケア病棟があったそうだ。

いつかはそちらに入るのだと 彼女は言っていた。

なんてラッキーな救急搬送!






ところで、「バカな女」さんは、あれからどうなりましたか?

と聞かれて、

「ホスピスに入りました。」

と答えたのは、去年の秋のお彼岸の事だった。



バカな女初出の記事、2013年6月



その日のうちだった。

彼女のお身内から  ショートメールが届いたのは。

「本日 息をひきとりました」



・・・・・・・・・一度くらい、お見舞いに行けば良かった。



けれど、本人から「来ないでほしい」と言われていた。

親戚でもない私が、
(いくら教団の広報担当だからって、)
行けるはずがない。

第一、彼女は 自分がヘンテコな宗教の教祖さまになってるだなんて、
知らないんだもの(笑)。



お釈迦さまだったら、「入滅」とか「入涅槃」とかの言葉がある。

お坊さんだったら「遷化」とか「入寂」、「入定」と言う事もある。

教祖さまだけど、「崩御」じゃまずいかしら?






自分が乳がんだと 知っていた。

おそらく、胸にしこりがあったのだろう。

しこりが大きくなってから、それは 胸のあちこちに増えて。

そして 触ってもわからない場所に 転移していって。



「人はどうせ いつか死ぬから」と。



強い人だって事は、分かっている。

検診は受けない人だって事も、知っていた。

分かっているから、知っているから、
だから、乳がんの治療は、受けて欲しかったなあ。。。



「だって、ほら、最近はさ、

 闘うな、って言うでしょう?

 癌は切るな、って、言うじゃない?」

だからさ、それは、乳がん以外の、見つかったら既に、っていう、、、、、、。



勝てる勝負を、始めからあきらめるなんて。






「あたしは、ほら、

 結婚もしてないし、子どももいないし、さ。

 死んじゃってもいいや、って 思ってたのよ。」



私たち、知人・友人は 役に立たない、って思っていたのね。

私にとって、かけがえのない人だったのに。

って、私も 亡くなってから思い知ったんだけどね。

こんなに長く 記事にできずにいたなんて。

出会ってから、35年たったよ。

ねぇ、知ってた?

私、あなたから、ずいぶん影響受けてきたみたいよ。





彼女は ご実家のお墓に入るつもりだったのだが、
メールをくださったお身内の方によると、
晩年は 樹木葬に心を惹かれて、そちらに変更したとか。

その方は 彼女の住んでいたマンションを会場にして
「お別れの会」を開いて下さったが、
私は多忙でとても出かけられる状態ではない日で、
それきりになってしまった。

「お墓参りしたいので 場所を教えて下さい」と伝え、
納骨したら連絡をします、と言われて、
まだ連絡がない。

どんな場所に葬られたのか。

すごく不便な場所かもしれない。

それに、「これが、彼女の樹」とは わからないかもしれない。

それでも、生きている私としては、
お墓参りだけは させていただかないと、
気持ちに区切りがつかない。



今年は 新盆なのだが。





せめて、教祖さまの逝去を悼み、
ムギュムギュ教の布教につとめる事を
もう一度 心に誓おうと思う。

芯のしっかりした、
酒はぬる燗が好きで、
出不精の、
でも友達に恵まれた
60代で亡くなったバカな女の教えを
折に触れて 周囲の人に 広めていこうと思う。






この記事の最後に、ムギュムギュ教の教義を。

「お風呂に入った時に 湯船の中で 

 足を 片足5分ずつ、両足で10分、
 
 足首からひざまでを
  下から上へ
  ムギュ、ムギュ、ムギュ・・ と手で握っていくと

 ドッと汗が出て
 血行が良くなって
 足のシビレや 冷えや ムクミに効く。

引いては、全身の美容と健康に役立つ!(かも?)」


参照:ムギュムギュ


『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『がんで余命ゼロと言われた... | トップ |   
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トト)
2017-08-07 08:21:28
そうだったのですか・・・合掌。

ジャジャ馬さんのブログで「らむまま」さんの記事を少し読ませて頂きました。

癌患者のパートナーとしては考えさせられます?

上手く表現できませんが、人間の弱さと強さを

あなたは「癌ですよ・・・」思考回路は正常なはずはないと思います、大多数の方は?

正常でない時の思考回路、ここでの判断?ここが岐路だと。

癌の罹患、発症、再発、移転・・・これらに関わる方(癌サバイバー?)の生の声は進行形で重たく貴重。

覚悟された方の末期の声、この言葉こそ、正常でない時の思考回路に役立てないかと?

今考えれば、私の思考回路も危かったのかも・・・

もしもあの時、今現在、これから先に・・・と、癌患者のパートナーとして、予習、復習しながら今現在です。

癌サバイバーの方は、同年代の私にとってはドクターにも匹敵します、ジョルジュさんやジャジャ馬さんに感謝です。

ありがとうございます。









こんばんは (ジャジャ馬)
2017-08-07 21:52:29
心から、お悔やみを申し上げます。

会ったこともない方ですが、いいえそれどころか、教祖様にとっては、私の存在さえご存知ないとは思いますが、ジョルジュさんを通してのご縁を感じていました。
逆の立場で言えば、もし私の経験が、どこかで誰かの役に立ったとしたら、こんなに嬉しいことはありません。そう言う意味からはネット万歳です。もちろん、使い方には万全の注意が必要ですが。

だから、トトさん、「こちらこそありがとうございます。」です。

最近は少々サボりがちでしたが、これからもお風呂でムギュムギュの修行を続けたいと思います。
ジョルジュさんの複雑なお気持ち、僭越ながら分かるような気がします。
思っていた以上に衝撃でした (ジョルジュ)
2017-08-09 14:42:09
緩和ケア病棟に入ってからの短さは。
覚悟はできていたはずですが。

トトさん、
がん患者のパートナーとして ご自分のできることを
精一杯探して実行しようとしてくださる姿勢を拝見しているだけで
私は癒されます。
ありがとうございます。

ジャジャ馬さん、ありがとうございます。
自分の体験が どこかで誰かのお役に立てるなら、嬉しいですよね♪
私もそうやって たくさんの方々の体験をネットで読んで
心構えを作ってきたのです。
家族や身近な友人よりも ある時期の私にとって
ある意味、最も頼りになる存在でした。
ですから、ジャジャ馬さんの乳房再建体験記も きっと誰かの役に立っていると確信しています。
ムギュムギュは サボればサボったなりの、
励行すれば励行したなりの効果が表れてくれます。
習い事などでよく聞きますが、少しの時間でもいいから、続けるのが一番です♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。