静かな名山。その1

2016-10-19 05:18:08 | 山登り-上信越 西上州

 

安達太良山の紅葉シーズンに度肝を抜かれた「体育の日」

その5日後の1015日。

反動からか、今度は「静かな山に登りたい」

と思い、

もうだいぶ以前から「秋に行ってみたい」と思っていた山へ行く。

 

20161015日(土)

AM2:30自宅出発。

関越道を下る。

やっぱり早かったので眠い。

「上里SA」で少し仮眠。

その後「渋川伊香保」で高速道路を出て、

JR吾妻線に沿うように一般道を西へ。

意外にも関東からはこの一般道のルートが一番近いようです。

夜明け前のこの小さな道に、

ダンプやトラックがノロノロ走ると、たちまち車がつまってしまう。

気温は3℃まで下がり、車のメーター内に「凍結注意」のランプが点いた。

 

吾妻渓谷を越え、国道292号を北上。

「道の駅六合」でトイレ休憩。

南側に白い噴煙の上がる浅間山が聳えていた。

 

その後、国道405号を白砂川沿いに北上する。

この小さい道で「強歩大会」が行われていた様で、

若い学生たちが寒い中を歩いている。

「競歩」ではなく「強歩」というものがある事自体知らなかった。

 

そしてこの道のどん詰まり、霜が降りた静かな野反湖の湖畔に到着。

 

高気圧に覆われた文句のない青空。

 

今回登った山は、群馬、長野、新潟の三県にまたがる「白砂山」です。

 

つづく。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あだたら。 | トップ | 静かな名山。その2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。