あだたら。

2016-10-16 17:27:06 | 山登り-東北

20161010日(月)体育の日

「安達太良山」へ行く。

 

10月8日(土)から三連休だったけれど、

土日が雨だったので、今回は日帰り登山。

 

AM3:00自宅発。

家を出ると既に結構寒い。

 

東北道を北上し所々のSAで休憩しつつ進む。

二本松で高速道路を出てコンビニに寄り、

「あだたら高原」の駐車場へ。

 

AM6:30頃 到着。

 

 

この山に来るのは今回で2回目です。

 

ブログには書いていないけど、前回来たのは20117月。

震災後で登山者は少なかった。  20117月23日AM6:30頃の駐車場。

 

 

今回のコースは前回とほぼ一緒だけれど、「峰ノ辻」から「牛ノ背」経由で少しだけ遠回り。

 

AM6:45 出発。

 

まずは「くろがね小屋」方面へ。

8月後半からずっとパッとしない天気の週末が続いていたので、いつの間にか高山は紅葉シーズン。

山はもう結構寒い。

 

途中から、馬車道と旧道に分かれている。

 

まずは旧道を進み、展望がある所から山頂(乳首)が見えた。 紅葉キレイ!!

 

旧道の足場がグチョグチョで何度かコケたので、馬車道へエスケープ。

 

勢至平に来ると風が強くなって来る。寒い!!

 

でも、紅葉は素晴らしいです。

 

AM8:00過ぎ「くろがね小屋」に到着。

トイレを借りようとしたけれど、靴を脱がなくてはならないので、めんどくさいから我慢する(笑)

少し休憩して、「峰の辻」を目指す。

 

ここら辺も、とても紅葉がキレイ。

 

 

振り返ると二本松市方面が見渡せる。

 

稜線(西側)に出る前にウェアを着込み、

 

AM9:00前「峰の辻」に到着。やっぱり風が凄く強い。

 

以前はココから山頂へ向かったけれど、

 

今回は「牛ノ背」へ。

 

ココに着くと、

 

とんでもない強風!! 立っていられない!!

風速15m以上はあると思う。

麓の時点で気温は8度くらいだったので、確実に体感気温はマイナスです。

 

風が吹いて来る方向(西側)には「沼ノ平」とその奥に「秋元湖」

 

寒いので急いで山頂へ向かいます。

稜線の途中で、尾根の東側に逃げて、ジェットボイルでお湯を沸かして飲む。

久しぶりに寒すぎ。

観光ついでに登ってきた人なんか、かなり薄着で、よく耐えられるなぁ。

 

AM9:45 山頂に到着。混んでる。

 

前回はガッスガスで何も見えなく、あまり記憶に残らなかったけれど、

今回は平野までよく見える!

 

AM10:00前に下山開始。

 

めちゃくちゃ混んでる!

 

めちゃくちゃ混んでる!!

 

すれ違った年配の登山者が、

「これから100人くらい続きますよ~(笑)」

なんて言っていて、

「またまた~(笑)」なんて返していたけど、

マジで100人以上続いていたので、ビビった。

 

これじゃ帰れない。と、少し焦る。

 

今度すれ違った登山者には、

「もう、無理して行っちゃった方がイイよ」

と言われ、

「すみません、すみません。」とイイなから少しずつ下っていく。

 

こんなに人が多い山に来たのは久しぶりだなぁ。

 

振り返ると山はキレイだけれど、

 

正直、それどころじゃない(笑)  逆コースにすればよかった。

安達太良のイメージが「静かな山」

から、「風と人が押し寄せる山」

に変わった。

 

それでも11時頃にはロープウェイに乗り(片道1,000円! 高けー!)

 

AM11:10頃には駐車場に戻る。

震災後は、登山者が少なく、観光が衰退してしまうんじゃないか。と心配したけれど、

これだけの人数が山に押し寄せていたので、一安心。

 

翌日は仕事だし、渋滞を懸念し急いで帰る。

PM4:00前には帰宅。

 

おわり

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに近場の山 | トップ | 静かな名山。その1 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。