KICスタッフブログ

KIC(神戸国際協力交流センター)の職員が日々のできごとをつづります。

環インド洋経済圏貿易・投資セミナーを実施しました!

2015-08-21 15:48:12 | 日記

 まだまだ暑い毎日が続いていますが、皆さん、お元気ですか?

 今日は、KICがJICA関西(国際協力機構 関西国際センター)と共同で8月6日(木)に実施した

 環インド洋経済圏貿易・投資セミナーの様子をご紹介します。

 

 環インド洋経済圏は、東南アジア、南アジア、中近東、アフリカ、オセアニアまでを含み、

今後の成長が見込まれています。

このセミナーは、KICがJICA関西から受託した環インド洋諸国を対象としたJICA研修

「貿易投資促進のためのキャパシティ・ディベロップメント(C)」の日本研修の最後に実施されました。

 

 会場はJR大阪駅に直結するグランフロント大阪のナレッジキャピタル カンファレンスルーム。

当日は、少しお天気が悪かったのですが、多くの企業の方々やKICCで日本語を勉強する留学生も参加してくれました。 

  

 

当日は、KICのアメリカ人職員と神戸市でインターン中のアメリカ人大学生が、受付を担当してくれました。

日本語がペラペラの二人ですが、英語で来場者をお出迎え。お客様もつられて英語でお返事する場面も見られました。

二人のおかげで、受付もすっかりインターナショナルな雰囲気になりました。

 

(写真)受付の様子 :左側から神戸市インターン(レイチェル) KIC職員(アンジ‐)

 

 セミナーでは、日本総合研究所の時吉康範氏の環インド洋経済圏の展望についての基調講演の後、

JICA研修に参加中の6ヶ国(エチオピア、ケニア、タンザニア、スーダン、モーリシャス、スリランカ)の行政官が

 貿易・投資促進政策に関するプレゼンテーションを行いました。

 

この写真は タンザニアの行政官のプレゼンテーションの様子です。

鮮やかな黄色の民族衣装が会場のアフリカムードを盛り上げてくれました。 

 

 

こちらはスーダンの行政官が、自国の産業について発表中。

流暢な英語でのスマートなプレゼンテーションがとても印象的でした。

 

 

セミナーの最後には、各国の行政官が参加企業との名刺交換を行いました。

中には、日本企業のビジネスマンと初めて直接話す行政官もいましたが、スタッフが通訳のお手伝いをしました。

 

モーリシャスのマリーさんも多くの方々と名刺交換しました。KICのアンジーも通訳として大活躍!

 

 半日のセミナーでしたが、関西で日本企業の皆さんが東部アフリカやスリランカの

行政官と直接交流できる貴重な機会となりました。

                        

 KICでは、今後も、様々なイベントを実施しますので、楽しみにしていてくださいね ♪♪

 ホームページ、掲示板のチェックをお忘れなく!

 

(KIC魚津)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウモロコシを生で食べられ... | トップ | 留学生のブドウ狩りモニタリ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (バッキー)
2015-08-24 10:06:39
応援してるよU+1F3B6

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。