― 歌・種・記・文 ― (うたたね きぶん)

日々の中で感じたことを書き留めた自分のための雑記帳です。
その時思い出した歌があればそれもひとつの思いとしてご紹介!

パターン化を見直 して老化や危険を防止 しよう

2017-02-26 | ちょっと考えさせられたお話

先に書いていた記事が後になる。
こんなことも 常!
もしかしたら 17日に吹いた 春一番 のせいで
後の記事が先に飛ばされたのかも なんてね!
なんだかんだとあるのも事実だけれど
下記 にも書いているように
集中力の衰えも 問題なのかも~!
困ったもんです。





近年 ニュースを賑わすことの多い 高齢者自動車事故
ブレーキとアクセルを踏み間違えて建物に突っ込む、歩道などを暴走、道路を逆走、
孫を轢いてしまった なんていう 痛ましい事故も起きています。
                                   
もちろんすべての事故が 高齢者 によるもの というわけではないのだけれど
明らかに、昔よりは 頭の中の接触が悪くなった というか
     感知察知する能力衰え 瞬時対応遅れがち
     集中力衰えて 持続力無くなってきている

運転 しない私でも そう感 じることが多くなっているので
<車> という 凶器にも成り得る物体 を装備(?)しての行動が
安易に パターン化 されたものであってはいけないな と 強い危機感を感 じています。

          運動能力判断力低下。  そして 認知機能低下
     それらによる被害が 自分が不便である というだけのことなら
     諦めることも 個人の自由 と云えなくもないのかもしれませんが ・・・
     何かが起きれば、何かしら 誰かしら には 何らかの迷惑をかけてしまう
     ことになるはずだから、しっかり考えなければいけないと実感!


歳を重ねるほどに                  
日常生活パターン化 は増えていくと思われます。
      パターン化 って何?」 って思います?    
     同じ仕草、いつもの行動。
     過去にしてきたことの繰り返し。
     長期に渡り 自然の流れのように 気にすることなく行なうようになっていること。
     つまりは 習慣 ってことになるんでしょうか。
     生まれた後に備わった 経験に基づくものであるのに、
     繰り返すうちに すっかり身についてしまって
     慣れているからと 安心しきってしまっている行動 ということです。
          安心安全別もの
     考えて ちゃんと向き合わないといけない問題なのよね!

高齢 になるほど 緊張することもなく 油断だらけ なんてことは多いのかもしれません。 
その上 その行動が しっかりと根付いてしまっている パターン化 されたものであったなら、
年齢が上がるほど 変えるのは大変なんだろうなと推測するのはたやすい気が します。

     安心 して出来ていることを わざわざ変えようと思う人は少ないでしょう し、
     それ以前に、そういったことに気づく繊細さが衰えてしまっている可能性もあります。
     変えなければと思ったとしても、若くない分 迷うことへの不安感は強くなっていそうです。
     頑固 とは 自分の信念を曲げずに守ろうとする思いが強いこと。
     そこに留まろうとする力が働いているわけだから 前進や改善はないに等しい。
     歳をとると頑固 になっていく部分があったりするのは
     今さら変えなくてもいい とか このままでいい と 安定を求めるからでしょう。
     思い込みや決めつけ、偏見、先入観 ・・・ なんてのは 悪い例!
     現代の若者たちのように、新しいものにすぐに飛びつく とか、
     どんどん更新する などというほどに 頭が柔らかくないから
     不安が先に立って そういうことには 臆病 になってしまうのかもしれません。

パターン化払拭 するためには どうすればいいのかしら!?             
それは 行動を見直して 慣れてしまっていることに 意識 を持っていくこと なんだろうと思います。

     "いつもの動作" というものに甘えて、無意識 になって しまっているからわからなくなる。
     ちょっと 油断 すると 今そこに置いたはずのものがない とか、
     ガスコンロの火を消 したかどうか不安が残る などといったことが往々にして起こります。
     マイナス思考だと 〔 失敗 したら どう しよう! 〕 という不安が付きまといがちにもなります。
          だから まずは しっかりと 意識する 必要がある
     私も その一環 として 指さし確認 は 欠かさないよう心掛けているんです。
      「ここに置くからね!」 と 声に出 してから置いた物 は そこにあります。
      「今 消 しました。」  「ハイ、ちゃんと閉めたからね!」
     意識確認すれば 頭に残りやすいので 安心できます。

ちゃんと 意識 して 頭を使わないと ボケていってしまう! 
それは ほんとに 高齢者だけが危険 ってことなんでしょうか!?

     繰り返し過ぎて当たり前のようになっている 慣れすぎたこと。
     当たり前のようにしていることは 誰にだってあるはずなんだから
     向き合う努力は 若い人たちにも必要! 誰にも当て嵌まることなんでしょうね。
       今すぐ実行できそうなことを想像 してみると
         無造作に出す "利き足" (先に出すほうの足) を、違う足から踏み出してみる とか、
         出来そうなことは "利き手" じゃないほう で やるよう 意識 してみる とか、
         いつも手にしている 携帯 の 見たり使ったりする回数を減らすよう心掛ける とか、
         朝起きてやることの 順番 を 変えてみる とか、
         いつものバス停や駅 を ひとつずら してみる とか、
         そこまで出来なくても 行くまでの道のりで 周囲を意識観察するようにする とか ・・・
       そんな風に考えていくと、普段の行動が いかに 無意識っぽいか!
       気づかされ 考えさせられます。

     だけど、
     車の運転 なんかを 無意識でやられたら たまったもんじゃありません。
     運転席に座ったら、動き初めから止まる最後の最後まで、
          集中力を絶やさず 確認を怠らないこと
     ご自分のためだけでなく 他人のためにも 懇願 したい!

昔 「自分の"定位置" ありますか?」 というブログを書いたことがありました。    
人には やはり 安心できること ってのはあって    (ブログ記事の詳細は こちら で ご覧ください。)
気持ちが落ち着く ことも大事だと思えます。
けれど ボケ などの心配が 人ごととは思えない年代 になってくると
慣れへの不安 も強くなってきます。

          "不安 "を感 じたら、"安全 "に気を遣うことを 強化 しなくては
     特に ガスの消し忘れ とか アクセルとブレーキの踏み間違え などは
     火事や人身事故の可能性が大きく、明らかに 周りを巻き込む大ごとになりかねない。
     そんな風に 危険性が高いことであるわりには 意識を怠り
     "いつもの慣れた行動" になっていることには怖さを感 じずにはいられない。
     始終ニュースにもなっているのに 自分は大丈夫だと 注意を怠る 怠慢さ。
     いつも大丈夫だから という 慣れっこ感 は 事故を起こした方々のほとんどが
     思っていたことなのではないかと思うんですが ・・・
          後悔先に立たず
     悔やんでも悔やんでも もう 後の祭り でしかありません。
     私も昔 お湯を沸かしたまま 何かをやり始めて ヤカンを焦がした経験があるので
     常に家にいる破壊魔ちゃんたちに被害が及ばないよう 火には神経を使っています。

また、                 
大事故に巻き込まれた人のインタビューで
たまたまこの場所に来た、たまたまこの時間だった なんて話されていらっしゃる方も多い。
自分は気をつけていたって いつ何が起こるかわからない。
高齢者が多くなり、なんとなく生きている人も多くなり、
生活が便利になり、何でも機械がやってくれる時代。
このまま ぼんやり生きていたら ボケまで若年化 していきそうな気がして さらに怖さを感じます。
          便利 であることは 危険 とも 隣り合わせ
今は そういう時代 だと思っていなければいけなんでしょうかね!?

     これは余談話 になっちゃいますが、、
     かつては すごく嫌われる動作だったはずの 貧乏ゆすり
     今は リラックスには とても効果的 だと云われるようになっているんだそうです。
     昔と今で 考えかたが違うこと、けっこうありますよね!
     その時代時代の考えかた。 面白いもんだな と思うこともありますが、
     そんな中には "変わらなければいけない" ってことも含まれるんでしょうね!

周囲意識巡らせる ようにしていると、                     
人の何気ない話や応対などから 思わぬ 情報 が入ってきたり、アイデア が生まれたり と
気付き新たな発見 があって 得を した気分 が 味わえることもあります。
人より早く 察知 して 危険回避 できることもあります。
いつもの考えも 違う方向から見てみると 違って見えたリすることだってあります。
ちょっと意識 してみるだけで きっと変わることはあるのではないかと思います。

     習慣 は "第二の天性" と云われることがあるそうですが、
     その パターン化見直す ことが ボケ予防回避 にも繋がると思って、
     特に 危険が伴うこと には 大いに気を配る必要がある と 自覚 したいものです。
     変えるのは自分。 変えようと思わなければ 変われない
     どうせ変えるなら 発想を転換 して
     変わるのも楽 しい刺激になる と思って 気にする努力を してみる。
     そんなことが大事なんでしょうね。



何気ない行動に意識を働かせる って けっこう難しいけど
老化防止 と 危険防止 のため
気づいて気を配る回数を増やしていきたいわね!


                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票にご協力いただけると嬉 しいです。
         にほんブログ村


                                  ※ 関連歌はお休み中です。
                                            詳しくは こちら で ご覧ください。






イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「イラスト工房」  「いらすとや」 「子供と動物のイラスト屋さん」 「いらすとん」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二度目の食糧支給 ありがとう!

2017-02-18 | 人・言動 に関するお話

またまた 投稿が伸び伸びになってしまって
記事が滞っています。
そのまま消滅 しないよう 何とかしなくちゃね~!
ただいま焦っております。






以前 柑橘果実を送ってくれた旧友から
「柑橘類 落とすので いる?」 とメールがきたので
「最近 出来るだけ生ジュースを飲むようにしてるから . . . いるぅ!」 と返信。
後日 宅急便が届きました。
柑橘系は枝にトゲがあるから 嫌われがちなんだそうですが、
苦労せずいただいちゃった私は 感激。
ありがとうね~!

                            (一度目の支給詳細については こちら で ご覧ください。)


興味津々! 物見高くて すぐに寄ってくる子たちです。


柑橘果実、 リンゴ、 バナナ、 ニンジン、 レタスなどの葉物、
チアシード、 豆乳 または 牛乳、 ハチミツ で ジュース を 作りました。




ビタミンをたっぷり摂取したら 少しは復活するかしら?
破壊魔ちゃんたちに見ていてもらいたいけど、 興味 ない!?


                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票にご協力いただけると嬉 しいです。
         にほんブログ村


                                  ※ 関連歌はお休み中です。
                                            詳しくは こちら で ご覧ください。






イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「イラスト工房」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男ふたりの無言なる戦い

2017-02-05 | ロック・ユキ丸・チャチャ丸 話

ユキ丸チャチャ丸静かな戦 い
我が家に来てすぐから もう 始まっていたようです。


我が家 に来て まだ 2日目。  体調 の芳 しくないチャチャ を よく襲っていた ユキ。

注意 しても またすぐに噛みついていました。

4日目。  まだまだ体調 のすぐれないチャチャ に構って 嫌がられると すぐ噛みつく!

ユキ って こんなに悪そうな顔 してたのね~!

   臆病者のくせに、
   力関係 を見せつけたいためなのか
   やたらと 弱い者いじめ を しているようだった ユキ丸
   ‎2014‎年の ‎6‎月‎27‎日 と 7‎月‎28‎日。 (現在は 2年 と 7ヶ月目 と 6ヶ月目)
   たった 1ヶ月の違いなのに、
   ちゃんと 優先順位 を知らしめるため だったのかしら!?
   この時の チャチャ丸 は まだ かなり具合が悪かったから
   弱々しく 鳴いて 助けを求めてたわね~!


約1ヶ月後。  チャチャ が 反撃開始。

   元気になった チャチャ丸
   今までの恨みを晴らすため(?) 反撃 に転 じましたが、
   なんか 気持ちが良さそうな ユキ丸
   噛みかたが弱い のか 皮膚が厚い のか 鈍感 なのか!??
   どうなってるのかが 気になっちゃう~!



約2ヶ月後。 対等 になったようにも見えるけど、ひるまないユキの 頭突き合わせが凄い!


これに対抗するには、 もう ゴジラ に変身する しかない!?

   すっかり元気になった チャチャ丸 は ヤンチャ坊主。
   チビ のくせに ユキ丸 に しつこくチョッカイをだすようになりました。
   おチビだからこそ 力を 誇示 したい のかもね!
   だけど それでも動 じないのが ユキ ちゃんです。
   威風堂々!  ほんと 凄いよね~!
   逆に、大きく見せようとしたのに
   かえって ちっちゃく 弱っちく 見えちゃう チャチャ くん。
   弱いものほどよく吠える って!?
   だけど、この時 このふたりは いっさい声を発 してない んです。
   何でなんだろう!?  不思議だな~!


その後、あまりのしつこさ に さすがの ユキ も 反撃!

それでも さらに仕掛ける チャチャ!   なんだか 腹筋のお手伝 い してるみたい!

いつまでも止めないから 本気で怒り始めた ユキ。  私が注意 したら チャチャ も 我 に返 り ・・・

そのうち 一緒 に 寝ちゃいました。  けっきょく、仲のいいふたり です。

一連の騒動中、ロックお嬢 は 騒ぎが治まるまで 息を殺 して潜んでいることが多いよね!

   ドタバタ音は聞こえてくるものの いつも 無言戦 い
   なんだか 違和感を感 じる雰囲気です。
   ラビマーブル の時は こんなところを見た記憶がないから
   男同士だから って わけでもないみたいだし、
     〔 なぜ 無言 なんだろう??? ] という疑問が膨らみます。
   だけど、これを お嬢に仕掛けたら大変。
    「やめてよー!」  「さわんないでーーー !」
   ギャーギャー騒ぐから すぐにわかるし、
   助けを求めて すっ飛んできて、一番安全な私の肩の上に飛び乗る。
   女の子のほうが とっても わかりやすいみたいです。
   無言我慢男の意地 か!?
   面白いもんだわね~!

「痛くない!」  「感 じない!」  「ん?」  「ちょっと痛いかも!」  「いい加減 やめろよぉ!」

「痛っ! そこは柔らかいから痛いんだよー!」

「おとなしく してれば つけ上って!」  「もう 許せない!」  「目には目を、首には首をダ!」

   場の空気が読めない 破壊魔ちゃんたち に
   一瞬 イラッとさせられることが 皆無 というわけじゃないけれど、
   モサーっとした顔、期待満々の顔、純な顔 ・・・
   目の前でいろんな表情や仕草を見ちゃったら 思わず顔が緩んできてしまいます。
   場の空気が読めない って 大人としては けっこう致命的。
   無頓着な人に イラッとさせられたら、
   こんなに簡単には戻れないんだろうな~! って思ったら
   小さなこの子たちの 大きな魅力を 思い知らされるようです。
   何をされても 裏切られた感は一切なし って 確信できるのも 凄いことよね~!
   不思議に思うこと も、神秘のひとつ って思えばいいのかな!?



"無言の戦い" も 運動の一環 なのかしらね!?
溜め込まずに 発散 したほうが良いとは思うけど . . .
女の子には 手加減 して、適度にやってよね!


                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票にご協力いただけると嬉 しいです。
         にほんブログ村
                                                      blogranking

                                  ※ 関連歌はお休み中です。
                                            詳しくは こちら で ご覧ください。






イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。

   「3択ねこ」 「こねろし」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加