― 歌・種・記・文 ― (うたたね きぶん)

日々の中で感じたことを書き留めた自分のための雑記帳です。
その時思い出した歌があればそれもひとつの思いとしてご紹介!

以心伝心? 愚痴が聞こえたのかな?

2015-09-26 | ちょこっと話

前回 冒頭で ジョーク半分の愚痴を言ったのが聞こえたかのように  (詳細は こちら で …。)
幼馴染みから 「やっと時間が出来たから出かけてみないか?」 とメールが来ました。
気にかけてくれて 時々 電話やメールを くれるものの、共に けっこう忙 しくしていて
近況確認だけに終わったり 折り合いがつかずに断念することも多くなっていて
もうどれくらい会っていないのか?

         〔 忘れてしまっているのが ただのボケだったりしたら 怖~い! 〕 なんて、
       そんな思いが脳裏をかすめ行くのが さらに怖~いお年頃!


その日は家にいようと思っていたのだけれど、
タイミングが合うことが珍 しくなっている昨今、 もちろん OK し、
お昼前に待ち合わせて ランチを食べ 映画を見に行くことになりました。
       映画も久しぶり~! 見たいと思った 『ジュラシック・ワールド』 は    
       すでに上映が終わってしまっている所が多いということで 品川へ …。 
       乗り換えで利用することはあっても 改札を出るのは久々の品川。
       どんどん開発されて人も集まり、連休突入時だから さらにさらにの混雑感。
       どこもかしこも 人・ひと・ヒトで、<アクアパーク> には長蛇の列が出来ていました。
        「こういうの苦手~!」 と 共に困惑 し、席を予約 してすぐ 近くのお店に避難。
       以前にも来たことのあるそのお店は 外の雑踏を忘れさせる ゆったり空間が売り。
         〔 この贅沢感は やっぱりいいなぁ~! 〕 と再確認できました。
       シアターは6 階。 上映10分前に入ると傾斜が大きくて見やすい構造。 
       座席も 前席との間隔も ゆったり していて、椅子サイドの飲み物を置く スペースも
       肘や腕が邪魔にならず いい感 じ。 人もかなり入っていたので、 「子どもから大人
       まで、男女を問わず好まれる映画 というのはそんなに多いわけじゃないんだから、
       連休明けまでは どこもやっていたほうがよかったのにね!」 と話。 まぁそのお蔭で
       とても快適な観賞が出来たわけだから大満足だけど …。

       映画は、                      
       『ジュラシック・パーク』 の時の悪役、ヴェロキラプトル(ラプトル)が、訓練を受けて
       いる4姉妹 という設定で 可愛く見えたり、ティラノサウルス・レックス (T-REX)
       登場シーンでは 〔 そうきたか! 〕、 共に戦う姿では かっこよく見えるなど かなり
       翻弄された感 じ。 モササウルス の意外な再登場では 〔 その手もあったのか! 〕
       と唖然とさせられたりもしました。 恐竜や人も含めた動物たちが殺されたり死んで
       しまうシーンでは目を覆いウルウルし、憎たらしいハイブリッド恐竜の インドミナス・
       レックス
を倒 したいと 後半は特に のめり込んで見ていました。


映画が終わり 1階に降りたら 目の前が ボーリング場。
ちょっと興味をそそられたようだけど、さすがに、ここも混んでいて 即 撤退。
夕食を食べて帰ろうということになって 近場に移動 し、
空いた時間を しばし 超久しぶりのカラオケを楽しんで、
その後 食事をしながらのおしゃべりも満喫 しました。

       昔は たまにはこんなこともあったけど、お互いに自分よりも他のことで多忙。
       ずいぶんとご無沙汰になっていたので、昼餉 (ひるげ) から 夕餉 (ゆうげ)までもの
       時間の共有は けっこう貴重。 お蔭で リフレッシュできました。 ありがと~!

 
意外とあちこち気は遣うものだから、こういう時間は必要よね。
またいつか、誘ってね~!


                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票にご協力いただけると嬉 しいです。
         にほんブログ村


                                  ※ 関連歌はお休みです。
                                            詳しくは こちら で ご覧ください。






イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。

   「イラスト工房」 「NO MORE映画泥棒」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

けっこう楽しめた 孫孝行

2015-09-19 | 孫・家族 に関するお話

親孝行を実行 しながら 時には 孫孝行も しなきゃいけません。
孫孝行は ある意味 子孝行でもあります。
そうなると 誰が私に孝行 してくれるんだー!?
… って思うこと ありませんか?
猫孝行 なんか 毎日 してる し …
まぁ これらは 無償の愛 であって 
それで癒されてる ってこともあるんだけどね。
たまには 言ってみたくなることも あります。



そんなことから この日は 孫孝行
アンパンマンミュージアム に行きました。
       夏休みも終わり間近の この日は とても人が多く、ミュージアムに入ろうとしたら、
       さほど広いとは思えない館内入場のために たくさんの人が並んでいて びっくり!
        「これだけ人が入ったら大混雑になって 自由に楽しむなんて出来なさそうね!」
        「だとしたら 並んでる時間がもったい気が しない!?」
       ちょっと迷いはあったけれど 撤退することにしました。


・ 「 ジャムおじさんのパン工場 」 で 好きなキャラクターパンを食べながら 休憩。

「ジャムおじさんのパン工場」 には 手作りのキャラクターパンがいっぱい!
可愛いから 「どれにしようかな~!」  迷っちゃいます。

       結果、マー君は 「ハンバーガーキッド(380円) 、 ター君は 「カレーパンマン(300円)
       ター君が選んだ 「アンパンマン(300円) はママが食べていました。
       ター君のガン見は 〔 あーぁ 食べちゃった! 〕 なのか 〔 大きな口だな~! 〕 なのか?
       ミッチーの食べた 横浜限定 「シュウマイしまい(300円) は 美味 しかった~!

       顔だったり姿だったり、そんな形を しているものは 食べる時に 何だかちょっと罪悪感が
       生まれて、どこから食べようか迷い、〔 ごめんね! 〕 なんて思いながら食べません?


・ お土産売り場の中央辺りにある 小さい子用の遊び場
  とりあえず ター君を遊ばせながら 近くに別の遊び場所はないか と模索。


厭きもせず、同じおもちゃで ひとしきり!   一段落したら 移動。 「みんなぁ、またね~!」

       お気に入りを手に入れたら 途中からは横になって遊び、ちょっと眠くなっても
       持ち歩いて離さず、兄ちゃんが来て復活するも またまた ダレ遊び!
       それにしても、幼児用のおもちゃで よくもまぁこんなに長く遊べるわね~!



急きょ、 カップヌードルミュージアム に移動することに …。
       思案中にマー君ママが思い付いたのが カップヌードルミュージアム でした。
       しかも、以前行ったことがあって けっこうおもしろかったというんです。
       それならば ... と 即 予定を変更。 そちらに行ってみることになりました。
       タクシーで向かう途中、< 恐竜ミュージアム> と書かれた看板(?)を見つけ、
        「ミュージアムめぐり が出来そうだね!」 なんて話 しながら向かったら、
       カップヌードルミュージアム の入口に 恐竜が展示されていて びっくりしました。
       なお、途中で見た展示会場の正式名称は 「ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博」
       というものだったようです。


・ 入口は 意外なほど 地味!
  気にしていなければ通りすぎてしまいそうな作りに驚かされました。

そんな地味めな入口を入ると すぐに ヴェロキラプトル に出くわして、ギョッ!
獰猛な この子も カップヌードルを食べに来たんで しょうか!?



受付で入館料 500円 を支払って 館内へ …!

・ 4階 にある 「 NOODLES BAZAAR ワールド麺 ロード 」 は 屋台風の食事処。 
  ラーメン、冷麺、パスタなど 各お店の横に設置されている自販機で好きなチケットを
  購入して頼む方式。  普通の量の半分程度なので 何杯か楽しめるのが良いところ。

中は薄暗く、ちっちゃな屋台風のお店が数件!

メニューには 創業者
(安藤百福氏)が出会った 世界の麺のうちの 8種類が乗っています。

       絶対に外せない <トムヤムクンヌードル> と 食べたことのない <蘭州牛肉麺>。
       マー君ママとシェアしたけど、やっぱり <トムヤムクンヌードル> は美味 しかった~!

         CUPNOODLES MUSEUM 小雑誌 より          ヒョウキン者のター君です。

麺好きのター君は チキンラーメン。 大人は トムヤムクンヌードルがお気に入り!

・ ひとり早めに食べ終わって、マー君は 「 カップヌードルパーク 」 へ …
  ここでは <カップヌードルの製造工程> を < フィールドアスレチックで体感> できるそうです。
  子ども達が <麺> になる という発想が 楽しそ~ぉ!  3歳から小学生以下の子は
  保護者同伴でないと入れない というので 今回 ター君はやめておきました。
                                        CUPNOODLES MUSEUM 小雑誌 より

・ 目の前の景色を見に バルコニー に出てみました。
  けっこうな強風が吹いていて体が持って行かれそうなのに、
  思い切り暴れられるから って か弱いミッチーに戦いを挑むふたり!
  2対1 じゃ ずるいけど、すぐにテンションが上げられる というのは ある意味 羨ましいようです。

高い分 眺めは良かったけれど、二人のテンションも高く、風も強かった!

コンチネンタルホテル
(左上)に ベイブリッジ(左下)、中央には風車も見えました。

・ 3階 にある 「 マイカップヌードルファクトリー 」 は さすがに 人で いっぱい!
  列はけっこう長かったけれど 常に動きはあり、その間に自販機で 空のカップを購入する
  なんてこともあったので 待ち時間も苦にはなりませんでした。
                                        CUPNOODLES MUSEUM 小雑誌 より
              文字に色付けし、裏側 に好きな絵を描いて ... 出来上が り~! ( ③ の工程)
       曲面に描くことの難 しさやマジックの太さ、素材の滑り具合。     
       今や 絵を描くことも ましてや ぬり絵をすることもなくなっているから、急にこんな
       高度なものに挑戦すると びっくりするくらいうまく書けなくて 徐々に本気モードに
       なっていきます。 ミッチーは一応 破壊魔ちゃん達を書いたんだけど、美的センス
       も上手さも皆無!  だけれど ... 、それも <味> と思えば いいのよね~!


        自作のカップを上に置いてハンドルを回すと 回転 して麺が中に入ります。 ( ④ の工程)

        スープ4種の具材 を お好み選択。 たくさんあると迷っちゃうね! ( ⑤ の工程)
     蓋 を して(右上) プラスチックフィルムで包み(左上)、熱処理(中下段)。  ( ⑥&⑦ の工程)

       仕上げる工程を見ながら体験できるのも、具を選ぶのも なかなか楽しいものです。
       具材を選ぶ時には なんだかドキドキしてしまいました。
       ちなみに、お好みで作れる カップヌードルの数5,460通り もあるそうです。
       中身がすべて揃ったら 蓋を して コティング! 見慣れた密着包装で 出て来ました。


     出来上がったマイカップヌードルを パック して、バッグに仕上げました。  ( ⑧&⑨ の工程)

       出来上がったばかりの カップを 透明フィルム袋の中に入れ 空気を入れると、周りが
       パンパンに膨らんで カップが しっかりとパックされます。
       これに赤い紐を通 したら、マイカップヌードルバックが完成!


・ 2階 にある 「 チキンラーメンヒストリーキューブ 」 へ …

マイバックを下げて さっそうと歩くター君。 マー君の右には 袋麺のチキンラーメンの壁が …!

 
       今や 世界的食文化にまで広がっている インスタントラーメン。
       「チキンラーメン」 から始まった その歴史が ひと目でわかるよう展示された部屋には
       驚くほどたくさんのパッケージが並べられていました。 その数 なんと 3,000点以上!
       いつどこで販売されていたのか、まったくわからない物のほうが格段に多くて驚愕。
       同じ物を積み上げて縞模様のようになっている所は カラフルできれいでした。


・ 1階 にある 「 ミュージアムショップ 」 をちらっと覗いてから 退館。
  桜木町駅までは ちょっと距離があるけれど、ブラブラと散策 しながら歩き、
  駅前の喫茶店で小休止してから帰りました。

コスモワールドの大観覧車、日本丸。 横浜の名所を通って帰途へ …。


・ さすがに マー君たちと別れた後に、いかにも 「行ってきました~!」 みたいな
  この エアパッケージバック を ひとり持ち歩く勇気はなくて 袋の中に締まっちゃいましたが、
  思わぬお土産ができ、いい思い出にもなりました。
       世界に たったひとつしかない 自作のカップヌードル
       手描きだから 自分自身であっても まったく同じものを作れる気はしません。
       そう考えれば 下手でも何でも 貴重なものとは言えそうです。
         〔 さぞかし美味 しく感 じられるんじゃないかしら!? 〕
       そう思いつつも まだ食べられずにぶら下がっていて、
       時々 破壊魔ちゃん達が チョッカイを出して揺れているのを見て楽しんでいます。
         〔 このまま 彼らが破いてしまうまで 待っていようかしら!? 〕
       そんなことを思いながら …。



<作る楽 しさ> が ちょっとした感動を与えてくれました。
こっちに来て正解だったわね~!



       ・ ちなみに、カップヌードルミュージアム では 9月7日(月)から
        57,155個のカップヌードルを積み上げ、高さ7.4メートルのピラミッドを制作。
        ギネスに挑戦 して、認証された とのことでした。
        すでに約 45,000個が積み上がっていた時に起きた 12日早朝の地震。
        その影響で形が少々いびつにはなっているそうだけど、壊れなくてよかったわね~!
       ・ まったく気づかなかったけれど、
        カップヌードルは 44年前の昨日(1971.9.18)発売され始めたんだそうです。
        書いていることが話題になって驚くことが多いのだけれど、20日ほど前から
        書き始めたこの記事に関わりのある出来事が起きて またまたびっくりでした。



                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票に ご協力いただけると 嬉 しいです。
        にほんブログ村


                                  ※ 関連歌はお休みです。
                                            詳しくは こちら で ご覧ください。






イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「イラスト工房」 「ひよこちゃん」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族で集まる 【バーベキュー編】

2015-09-06 | 孫・家族 に関するお話

ランチクルーズ から 約2週間後。
また 家族で集まる機会 を設けました。
 


バーベキュー

姪っ子の家に ウッドデッキ が出来たというので
両親を誘って バーベキュー をすることになりました。

       前日が大雨だったので心配 しましたが、当日は天候を気にすることもなく過ごすこと
       が出来ました。 この日は平日で 男手も運転する人も少なかったので UG君に両親を
       乗せて行ってもらうことになり、私とマー君たちは途中の乗り換え駅で合流し、デザート
       を購入してから向かいました。 郊外 にある近隣駅に降りると 木立には蝉がいっぱい!
       <蝉 しぐれ> どころか 台風並みの降り注ぎかたに、"夏―っ" を感 じることができました。


セミ・せみ・蝉 の オンパレード!  郊外の静けさはどこへやら …  半端ない賑やかさでした。
       それにしても、昔 男の子は セミ採り に夢中になったものだけど、近年 虫採り網
       持ち歩いている子なんて見たことがない。 セミが目の前にいても興奮することもなく、
       手に取るのは怖いとさえ思ってる子が多くなってきているらしいんです。 命を大事に
       考えている というわけでもなく、ただただ 自然との付き合い方が下手 になってる
       いうのでは ... 寂 しすぎるわね~!



出来上がったばかりの ウッドデッキ は 想像よりも広くてびっくり!
全員集合で 直ちに 宴会が始まりました。
途中、ピクニックテーブルとイスが壊れるなどというハプニングもありましたが、
楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

       横長なためか、真四角に近いマー君のお家のものより広く感 じられました。
       半分でバーベキュー、半分には大きなプールが設置できるのは メリット大!
       バーベキューとはいっても ホットプレート2台。 外のコンセントを使ったほうは
       電圧が弱く、延長コードを使って室内から取るとすぐに焼けるようになりました。
       テーブルが壊れた理由は 腰かけたまま後ろ下にある物を取ろうとした妹が 
       変な体制で体をひねったことでイスに過度の負担がかかったためでした。
       お蔭で私までイスから落下! 食べ物が散乱しただけで やけど被害などが
       なかったのはラッキーでした。


2対2。 合コンみたいな食事風景は 女の子の方が余裕あり?

柵もあり 子ども達が見えるあたりにいることから、大人は安心 して 飲んだり食べたり!



子ども達は プール の中で シャボン玉 を したり ヨーヨー で遊んだり …
スイカ割りの真似ごと も楽しんでいました。


ヨーヨー、シャボン玉、水鉄砲。 自分の好きなもので遊ぶ子ども達。


ちょっと透けるアイマスク、 してなきゃ100%当たるけど 絶対に割れない スイカ割り!

大人も混ざったり ふざけたり …! 見ている Shちゃんの笑顔も いいね!


今回集まったメンバー、全員集合!

顔 ぼか し効果で マー君 とミッチー、親子に見えなくも ... ないか~!?



暑くて室内に避難 した後は
クーラーをかけて かき氷デザート を楽しみました。


思いがけず、大人までが楽 しんで いた かき氷作り!

Sサイズくらいだから ちょうどいい具合で、みんな美味 しくいただきました。



一番小さな Rhちゃん 大人気!  無条件で可愛いし、その若さは羨ましくもある!?


帰りがけ、Shちゃんに 「やっぱり大好き~!} と また ハグされて
照れながらも嬉 しそうなマー君でした。


合コンで再確認!?  積極的だけど可愛い Shちゃんです。

       Shちゃんがマー君を好きな理由は 「大きいから!」 なんですって!
       なんか微妙な気もするけど、適度にうまくいっているんだから ... まっ いいか!

       両親は来た時同様 UG君たちが家まで送り届けてくれ、残りのメンバーは一緒に
       帰途へについたのだけれど、駅でマー君の切符を買っていて電車に乗り遅れて
       しまい 別々に …!  ところが、先に帰ったと思っていた妹とMrちゃんの先発組が
       わざわざ戻って来てくれて一緒に帰宅。 これも単線だったお蔭ね~!?




みんなが自由気ままに
ワイワイ ってのが 楽しいのよね~!


                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票に ご協力いただけると 嬉 しいです。
        にほんブログ村


                                  ※ 関連歌はお休みです。
                                            詳しくは こちら で ご覧ください。






イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「花鳥風月」 「今日もわんパグ」 「飲食店POPイラスト無料素材」
   「GATAG|フリー素材集 壱」 「イラストAC (FreebieAC)」 「C&A」
   「いらすとや」 「ha-chi.biz」 「愛しすぎて大好きすぎる。」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

家族で集まる 【ランチクルーズ編】

2015-09-01 | 孫・家族 に関するお話

父の病気、両親共々のボケや体力低下 モロモロ ...
いろんなことが進行中!
動けるうちに、 わかるうちに …
出来るだけ 家族で集まる機会 を設けるよう試みています。
 


ランチクルーズ

お昼頃に 日の出ふ頭 から出発 して 2時間あまり、
東京湾で 暫しの クルージング を楽しみながら、
客船内で バイキング を堪能するという ランチクルーズ

ほんのひと時ではあるけれど、上質な雰囲気を ゆったり穏やかに楽しもう!
そんなつもりで出かけたはいいけれど、
この日は その前の段階がハラハラドキドキ状態になっていました。

       電車で行った我々は 浜松町駅で あまり時間のないことに気づき、歩く予定をタクシー
       に切り替えることにしました。 ... が、乗車場所がわからず ウロウロ!
       両親を車で連れて出た姪っ子の方も 渋滞に嵌り、ギリギリ どうなるか という状況!
       予約はしていても 乗船締め切り時間までに支払いを済ませなければ キャンセルと
       見なされる可能性があるというので やっと乗れたタクシーの運転手さんにお願いし、
       出来る限り急いでもらって ドンピシャ時間で到着。 受け付けで事情を説明すると、
       車で向かっている妹からも電話があった とのことで、実際に出発するまで 20分の
       余裕があることもあって 乗船はOKになりました。


そうこうするうちに 車組も到着。
駐車場に車を置きに行った姪っ子を待って乗船 しました。


けっこう さまになっている 小さな船長さん達。

       もうすでに ほとんどの人が乗りこんでいる船までは少し距離がありました。
       客船は 予約内容や日時によって 2隻を使い分けているそうで、
       この日は モデルナ という 大きいほうの客船でした。


待合所から船までは ちょっと歩きます。

階段を上って乗船 したと思ったら 今度は下り!  年寄りには けっこう きつかったかもね~!

席に着くと、間もなく出航となり、直後に食事も開始となりました。

       バイキングとあって 料理が並べられたテーブルは あっという間に人で溢れ、気後れ
       した我々は 少し空くまで待ってから取りに行きました。 目では食べたいと思っても
       たくさんは食べられないもの。 1回目に持って来たものを食べたら お腹はいっぱい
       になってしまって、2回目は デザート少々で ギブアップ!



それぞれ好きなものを取って来て 食事開始。 この日のビール乾杯は 親子だけで!

美味 しい食事で お腹が いっぱい!

時には 窓から眺める景色に 夢中になり …

スカイツリー (中央奥) と 中央防波堤内側 の風車 (手前右)

レインボーブリッジ (左) と ゲートブリッジ (右)

ゲートブリッジ (左) と 中央防波堤外側 (右)

ゲートブリッジ は、中央防波堤 (右) と 若洲 (左) を 繋いで います

ゲートブリッジ から 若洲方面 (左)

食後は オープンデッキトップデッキ に上がって景色を楽 しみました。

       足元がおぼつかない両親はオープンデッキまで。 特に 足が悪く 杖を使う父からは
       目が離せません。 一方 トップデッキではマー君ママが、息子2人が船から落ちない
       かと 笑えるほどの心配ぶりだったとか。 確かに風は強かったけど、そんなに簡単に
       落ちるようなら 大問題!  「あんがい心配性なのね~!」  近く にいたメンバーは
       苦笑させられたようでした。


風が強いので、足もとが不安な高齢者は 掴まっていないと子ども達より危険!

心配性のマー君ママは トップデッキから早々に退散!  オープンデッキにいた人だけで撮影。

トップデッキから オープンデッキを見たら みんながウロウロ。

眺めが最高のはずの トップデッキ も、陽射 しが強すぎて ガラガラ!


飛行機がすぐ近くを行き交う。  子どもみたいに 何だかワクワク!


ちなみに、
シンフォニー という名が付いている このクルーズ。
クルージングバイキング 。 いろんな要素がまじり合って効果を生み出すという意味から
付けられた名前なのでしょう。 ホールのような所では ミニミニコンサート も行なわれていました。

ミニドレス姿で ひとりミニライブ中のお姉さんを 子ども達も 不思議そうに凝視!
また、
レインボーブリッジ、お台場海浜公園、中央防波堤、若洲海浜公園、東京ゲートブリッジ、
東京灯標跡を回って、羽田空港沖を運航 して戻る このルートは、ディナークルーズよりは
少し小さめで 少々崩れ気味のようにも見えますが、ハート型のイメージは ギリギリ残 した形。
普段は見られない 中央防波堤 に ゆっくりと回る大きな白い 風車 が見えたり、
頻繁に目撃する飛行機が 船のすぐ上を通過するのを見れるのも醍醐味でした。

       江東区の若洲から、全長 2.6 km の 東京ゲートブリッジ (2012年開通) を渡った
       先にあるのが 中央防波堤。 外側埋立地と内側埋立地があり、「東京風ぐるま」
       の愛称で親 しまれている という 2基の風車があるのは内側で、ここには 東京
       臨海風力発電所
があるんだそうです。 大都会の中心部 に こんな自然利用の
       施設があることにちょっと感動!  ずっと眺めていたいという気持ちにさせてくれる
       動きにも癒されました。
       調べて知った驚きとしては、この風車の軸部分には 『鉄腕アトム』 や『火の鳥』 など
       手塚キャラクターたちが描かれているということ。 船からは見えないのが残念です。
       さらに、台風などの強風時には プロペラの角度を変えることにより 風の抵抗を小さく
       したり 回転を止めることも出来ると知って 感心させられました。
       また、海側から見る羽田空港や 飛び交う飛行機の多さにも心が躍りました。


戻り際、中央防波堤の 「東京風ぐるま」 がよく見えました。

    ― 余談話 ―
       食事中の船内から景色を撮った写真を Windows フォト ビューアー で見ていたら
       飛行機の近くに光るものがいくつか写り込んでいました。
         〔 何だろう この光!?  UFOだったら笑っちゃうけどね! 〕
       そんな軽い気持ちで拡大してみたら …
         〔 えーーーっ!  ホントに UFO じゃん! 〕
       凄いものを撮っちゃったと思って娘たちに送ったら
        「これは室内の電気が反射 してるんだよ!」
        「規則正しくならんでるみたいだもん!」
       冷静に言われてしまいました。
       こちらも冷静になって考えてみれば、 〔 そうだよねぇ! 〕
       せっかく半信半疑から信じるという気持ちになっていたのに、とんだ思い違い!
       <お恥ずかし話> となりました。


一度は感動 したのに、ガッカリ!


UFO は見られなかったけれど、

トップデッキと そこからの180度の眺め
ひとり占め出来て 大満足!


                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票にご協力いただけると嬉 しいです。
         にほんブログ村


                                  ※ 関連歌はお休みです。
                                            詳しくは こちら で ご覧ください。






イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。

   「イラスト工房」 「素材屋小秋」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加