― 歌・種・記・文 ― (うたたね きぶん)

日々の中で感じたことを書き留めた自分のための雑記帳です。
その時思い出した歌があればそれもひとつの思いとしてご紹介!

なんて日だ!

2014-09-14 | 想い・思い・体験 話
朝、                 
小鳥さんたちの 可愛くて早口な おしゃべりが聞こえてきて、ロックが興味津々!
だけど スダレが邪魔で外がよく見えない!
窓に張り付くように見ていると、ユキ丸とチャチャ丸もやってきました。
はしゃいだような小鳥さんたちの 賑やかなお話や その姿を見せてやりたいと
スダレを巻いて 外がよく見えるようにしてやりました。

      前日降った雨でノラちゃん達が濡れないよう 屋根代わりに張っておいたスダレです。
      陽射しも弱まってきている今は 雨さえ止んでしまえば 必要はない。
      巻き上げてあげると、その間も待てない様子で 3匹は声のする辺りを ガン見!
      おしゃべりが聞こえる度に 同じ方向に顔が動き 耳が立つ。
      そんな動きが可愛くて、私は この子たちを ガン見!


その際 何気なく目をやった 椿の木 が クモの巣で なんだか汚げに見えたので
排除するため 庭に出ました。

      取っても取っても またすぐに張ってしまう クモの巣の排除は まるで イタチごっこのよう!
      それでも 気づいてしまったんだから このまま見過ごしにはできません。
      そうかといって 近づくのは嫌!
      長い棒を持ち出 して 葉の間に張ったクモの巣を 捜 しながら巻き取っていきました。


すると、
  〔 あれっ!? 〕  嫌な予感が しました。
  〔 似たようなのを 以前見たことがある! 〕
ゾ―ッ、 鳥肌が立ちました。 目を凝らしてよく見ると …

やっぱり、あいつ です
3年前に大被害を被(こうむ)った 茶毒蛾
                       (最初の被害は こちら。 二次的被害は こちら
                                次に見つけた時のお話は こちらで ご覧ください。)


      玄関近くのものは撲滅させたけど、今度は裏庭の椿の木に被害が出ていました。
      付かれているのは ところどころながら、その葉には 満員電車のごとく
      ビッシリとひしめき合い うごめいている!
      ゾッとすると毛が逆立つ というけれど、その時の毛は長く感じるほど 全身がゾワーッ!
        〔 これは一刻も早く何とかしないと …! 〕
      その一心で 大ばさみを持って来ていました。
      けれども 枝を切り落そうとすれば 少なからず揺れる!
      そうなれば また毛針が飛び散って 身体中に発疹が出る可能性は大きい。
      そう思い当たって 直前で踏みとどまりました。


  〔 それなら どうする? 〕
どうしたものかと考えたら、やはり 前回同様 ハイター作戦
いいのではないかと思えました。
      ハイターの原液を濃いめに薄めて噴霧。          
      この方法は 毛針が濡れて飛び散りにくい という利点があります。
      だけど、風向きによっては自分にもかかるので けっこう大変である ともいえます。
      しかも、1回の噴霧で ほぼ死滅すると思ったのに、なかなか死ぬまでには至らない。
      こんな害虫でも 苦しむ姿は見たくないもの。
      ひとおもいに と思ったのに 何度も持ち替えることとなって、腕や指が痛くなりました。


  〔 もっと他にいい方法はないかしら!? 〕
次に思い付いたのは お風呂場で使う カビキラー
<混ぜるな危険> と書いてあるので気にはなりましたが 使うのは外。
  〔 試す価値はあるな! 〕 と思えて 少しかけてみました。
      こちらは泡が幼虫を包んでくれます。            
      さらには 消えるまでに時間がかかり、様子もわかりやすい。
      有毒ガスの発生などの心配 はなさそうなので 葉ごと包み込むように吹きかけました。
      薄めるなどの手間もなく そのまま使えるため とても便利ではあるけれど、
      泡は 固まりになるので ハイターほどには飛ばず、近くからでないと命中し難い
      という欠点もあります。 それでも掛かれば 威力はありそうに思えました。


考えたり、実行 したり、見守ったり …
一段落するまでには かなりの時間を有しました。
まだ 完全に撲滅できたのかどうか 心配はありましたが、
毛針 が飛んで刺さっていたりしたら嫌なので
  〔 後で確認することにして、とりあえずシャワーを浴びて着替えよう! 〕
そう思って家の中に入ることにしました。
しかし、                                       
この時 閉めたはずの網戸が少し開いていることに気づきました。
  〔 えっ もしかして!? 〕  またしても 嫌な予感!
蚊取り線香を焚いていたので 蚊の侵入は防げたと思われるけれど
代わりに 室内から ロックが脱走 していました。

      茶毒蛾退治に集中し過ぎて 網戸の開閉がおろそかになっていたことに
      まったく気づかなかったのは軽率でした。
      この状態で ロックの脱走は予測できました。 けれど 今は 真似っこの おチビ2匹がいる。
      慌てて それぞれの名前を連呼 してみたのだけれど、まったく気配がなくて、
        〔 もしかして、全員いなくなっちゃった!? 〕
      不安が広がり、焦って捜 したら、なんと、2匹は のんびりと イスの上で寝ていました。
        〔 よかった~ぁ! あんなに付いて回ってたのに 一緒に出て行かなかったのね! 〕
      意外すぎて驚いたけれど、心配が 1/3 になったと思ったら ホッとしすぎて ちょっと気抜け!
      きっと ロックが出て行ったのに気づかなかったんでしょうね~!  不幸中の幸いでした。
      けれども まだ残っている 問題児。  改めて外に出て呼びかけてみたら …
      悪びれた様子もなく、 「な~に? 呼んだ?」  そんな顔を して寄って来ました。
      それでも 捕まえようとすると 逃げる!
      木や雑草が生い茂っている裏庭は 好奇心が駆り立てられて楽しくてしかたないようです。
      心配なのは 蚊に刺されること と いなくなること!
      けれども 追いかけまわしたところで捕まえられるわけがない!
      ひとまず目を瞑って シャワーを浴びることにしました。


毛針を警戒 して 着替えも済ませたあとは、再び ロックの捕獲作戦開始!

      庭を見たら お嬢が消えていて不安になりましたが、
      呼んだら 斜め隣りのお家のほうから降りて来ました。
       「ロック ご飯だよ!」  缶の餌で誘ってみたけれど、
      あちらも こんな楽しい時間を おいそれとは引き換えにしない。
      すったもんだの末、最終手段として <焼ササミ> で勝負を仕掛けたら
      やっと何とか 捕獲することができました。

食べた後は 即 お風呂!

      ついついマーブルと間違ってしまうのだけれど、我が家に来て1年2ヵ月余りの
      ロックお嬢は まだ2度くらいしかお風呂に入っていませんでした。
      そのため抱いて連れて行ったら 嫌がって逃げようとし、背中に回って おもらし
      けれども ここで ひるんで逃がしたりしたら また大変!
      押さえつけるようにして入れてしまいました。
      おかげで 濡れないよう気を付けていた着替えたばかりの服ごと、全身 ビッシャビシャ!
      ここまでくると かえって開き直れます。
      拭く際にも 必死で抵抗するお嬢を ギュッと抱きしめ 押さえつけ、しっかり拭き取って、
      私も もう一度お風呂に入って着替えることとなりました。



茶毒蛾騒動 の後の 休む間もない ロック脱走&捕獲騒動
「バイきんぐ」( 「キングオブコント2012」 王者) 小峠さん(左)のギャグ じゃないけれど、
                           「 なんて日だ 」 
                      そう言いたくなった しんどい半日でした。


後で見たら、茶毒蛾 は ほぼ死滅 していました。
後日には 見える限りでは 壊滅!  けれども、まだ しっかりと くっついていました。
 
死んでもなお ゾ~ッ とする姿です。


高い位置にある葉は 見落としてしまいがち だということが よくわかります。
玄関近くのものは 始終行き来するので被害には遭いやすい。
けれど、目線が低いから 気をつけていれば見つけやすいし、
普段からの 噴霧で予防は しやすい。
こんなことがあると、
離れているから平気だろう などという 安易な考えは怖いな と思います。

        〔 あの 幼虫の数!  あんなのが全部育ったら … 〕
        〔 気づかずに 近寄ったり 触れたりしたら … 〕
      そう思ったら 鳥肌が立ちます。
        〔 だけど、あれって小鳥さん達の餌だったりするのかしら!? 〕
      ふと 疑問が生まれました。
        〔 だから 小鳥さん達が来てたの? 〕
        〔 もしそうだとしたら、薬品を撒いて殺しちゃったのって 悪かったのかな!? 〕
        〔 それに、あんな小さな体で 毛針が刺さっても平気だなんて ありえるのかしら!? 〕
      必死だったから 自分たちへの被害回避草木へのダメージは無 し
      それしか考えていなかったけれど、
      小鳥さん達の食事や健康 に 配慮 していなかったことが急に気になり出しました。


可愛い小鳥さん達が止まるのは もっとずっと上のほうの枝のようだけど、
せめて 早く雨が降って、きれいに洗い流 してくれるといいな と思えました。

      雨が降ったのは2日後で、しかもそれはかなり激 しい雨でした。
      おかげで 葉の表面に付いた虫の死骸は ほぼ洗い流され、葉もきれいになりました。
         〔 これでもう 安心! 〕 と云いたいところではあるけれど、
      茶毒蛾が小鳥さん達の餌なのかどうかは まだ不明のままなので、
      今後、もしまた 駆除にハイターやカビキラーを使う状況が生じた時には、
         〔 小鳥さんのことも 頭の片隅には置いておかないとね! 〕 と思えました。


雨が降ってくれて ホッとしたけど、茶毒蛾は恐ろしい。

他の生き物には気を配りながら、毎年 気にしていないといけないわね!
それに、ロックたちの脱走にも気をつけないと …!


                      ※ なお、今回 関連歌の掲載がないことにつきましては
                                                 こちら で ご覧ください。



                                     お読みいただきましてありがとうございます。
                ランキング投票に ご協力いただけると 嬉 しいです。
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                                                     にほんブログ村





イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「イラスト工房」 「季節や行事のイラスト市場」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝不足なのにテンションアップ  ― 霧のめぐり逢い ―

2014-09-07 | 嬉し、恥ずかし、おかしなお話

昨夜の バケツをひっくり返したような雨、
そして 今日の 降ったり止んだりの 激 しい雨。
またどこかで災害が起きなければいいな と気になります。
我が家だって 崖崩れが起きないとは言い切れない という立地にあるので、
近年の雨の振りかたやニュースを見ていると、安心はできないな と感 じます。

広島の土砂災害を初めとして、各地で災害に遭われた方々には
謹んで、心よりお見舞い申し上げます。




今も同様ではあるけれど、
ニャンコ騒動 の影響 と のろまな亀 のせいで
投稿が どんどん遅れて、
これも3週間近く前のお話になってしまいました。


ニャンコ3匹。          
特に チビ2匹が夜中にテンションがマックスとなり、
家中を駆け回るため 寝不足が続いています。
家の中でさえ 被害は起こる!

この日も、眠るタイミングを逃したら 眠れやしない!
      ユキ丸 と チャチャ丸 から 避難 して来た ロック が 安心 したように        
      私の足元で くっ付いて寝ているので 寝返りもままならないまま 朝を迎えてしまいました。
        〔 あ~あ また寝過ごしちゃったな~! 〕
        〔 寝られなくてもいいや と思うようには しているけど、やっぱりきつい! 〕
      疲労感の漂う寝起きは つらいものです。


そんな早朝、
ヒヨドリさんと思われる あの鳴き声が聞こえてきました。
イーよ、 イーよ、 イ―よ―――! 
  〔 あっ、スリムクラブな小鳥さん だ! 〕  (詳細については こちら で ご覧ください。)  
2年半くらい前に 初めてこの鳴きかたに気づいて以来、
耳にする機会は 時たま ありました。 でも、
  〔 このタイミングは 凄く イーよー って感 じ じゃない! 〕
思わず 首をすくめていました。

それでも
  〔 人ごとだと思って そんなに簡単に言わないでほしいわ! 〕
  〔 寝不足は辛いんだから イー わきゃない じゃなイーよー! 〕 と
おばさんによる オヤジギャグ的 (ややこしい!) ツッコミを差し込み、
気づけば、その言葉に対して
  〔 小鳥さん相手に <ツッコミ> ですか!? 〕 なんて さらなるツッコミまでしていました!

すると それに連鎖するように、

ダメよ~  ダメ ダメ!

「日本エレキテル連合」 のコントネタ (未亡人朱美ちゃん) が浮かんできて、
 「なに この流れ!」
誰もいないのに 思わず ひとり言 まで飛び出す始末!
  〔 わ~! ひとり言が出るのは歳のせいだって云ってたな~! ショックー! 〕
呆れつつ軽いショックも受けて、
笑えるような笑えないようなで 苦笑!
こんな複雑怪奇な ひとり劇場を作り上げた自分に戸惑いを覚えながら …!

      < いいわきゃない> は <ダメ> ということ。
      きっと そんな連想だったのだろうと思うのだけれど、
        〔 ひとりで何をやってるんだろう! 〕 と呆れ笑い!
      ひとり言は 最近 確かに たまには言っているような気はします。
      … というか、ニャンコたちに話しかけていることのほうが多いようには思うのだけど、
      意識 しながらすることじゃないから はっきりとはわからない。

      だけど、お月様を見て 「わ~ きれい!」 なんて言葉が出てしまうのは昔から!  
      それもおばちゃん気質なら、相当昔から実績のあるおばちゃんでーす!
      開き直ってしまえば 怖いものなし!?

       「日本エレキテル連合」 は 最近 売れに売れている 女子のお笑いコンビ。   
      コント内容はよく覚えていないけれど、インパクトは充分にありました。
        〔 メイクの強烈さで うなされるのが先かと思ったら 眠れなかったんだっけね! 〕
        〔 それで 言葉のほうが先行 したのかしら!? 〕
      意識 していたつもりはないのだけれど、すーっと思い浮かべた自分に驚きます。
        〔 そのくらい強烈インパクトなら、流行語大賞 狙えそうね~! 〕
      なんだか肝心 している自分もいました。


とにかく、朝から変なテンションでの起床となりましたが、
眠れなかった疲れが吹っ飛んだような気がする という効果 を感 じました。
疲れが全面回復 したわけではないことは のちに知らされることとなりますが、
寝不足だと、血液の流れが滞(とどこお)って ドロ~ッとしてしまっているような気がするのに、
そんな感覚がなかっただけでも お得気分!

      以前も、<不のパワー> をプラスにしてくれた ヒヨドリさんの鳴き声でした。
      <ダメ> という否定も 普通は <不のパワー> だけど、
      このふたつの組み合わせで、より お得感を得られたんだから、ラッキー!



スリムクラブな小鳥さん の声が また火付け役になってくれたわけだけど、
ちょっとしたことで 気分も変わるものニャのね~!


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

駄目よ駄目よでも幸せ気分 … ということで
1976(昭和51)年 8月 1日発売、
                  岩崎宏美 さん の  『霧のめぐり逢い』
(作詞 = 阿久 悠 さん/作曲 = 筒美京平 さん)

「あなたね やはりあなたなの 逢えたのね 夢じゃないのね ほんとに」
   「はなれて生きるなんて 駄目よ駄目よ 出来ないわ」
     「あなたに 逢えてよかったわ 一つだけ 今はいわせてね しあわせ」

   気が重い時に聞こえてきた 奇妙だけど懐かしく思える鳴き声は
     久しぶりに知り合いの声を耳にしてハッとし、喜びが湧き上げてきたような感覚。
       〔 ん!?  ヒヨドリさん?  やっぱり~! 〕
       〔 こんな時に あの声が聞けるなんて、嬉しーい! 〕
     ヒヨドリさんの あの鳴きかたは いつも元気をくれるような気がします。
     疲れた目覚めを 払拭(ふっしょく) してくれた感のある、<イーよ> と <ダメよ>。
     自分で勝手に ノリツッコミを しただけ のような気は しないでもないけれど、
     それで気分が一新されたんだから …  肯定的に考えなきゃ ダメよ~ ダメ ダメ!
                                 (※ ブログ内容や 歌詞から、その時 感じたことを書いています。)

『霧のめぐり逢い 』 は 宏美さんの6枚目のシングル曲です。
この年出した 4枚のうちの 3枚目。
ジャケット写真は 篠山紀信氏の撮影 によるものだそうです。

この年、前年に続いて2度目の紅白に出場されている宏美さんですが、
歌ったのは 『ファンタジー』 で、この曲が歌われたことはないようです。

宏美さんの曲は 昔はよく聞き 歌ったものでしたが いつの間にか忘れてしまっていたようです。
ところが、この記事の関連歌を考えようとしたら 「ダメよ~ ダメ ダメ!」 が耳に付いて
他が浮かんでこない。
  〔 それならば これでいこう! 〕 と思い、勝手にリズムを付けて考えていたら
急にこの曲の 「駄目よ駄目よ 出来ないわ」 というフレーズが浮かんで来て、
今度はこれが耳に付き始めました。
  〔 これって なんてタイトルだったかしら? 〕
思い出そうとしたけれど 出てきません。
けれども 歌詞も何となくわかるし、曲は完全に覚えている。
昔何度も聞いていただけのことはあるようです。
そこから探って けっきょく辿り着くことは出来たものの、
  〔 これって こんなタイトル名だったのね~! 〕 と まだちょっとピンとこない感じ!
歌詞の中にヒントがないと、あんがい忘れやすいのかもしれないな と思えました。

改めて聞いてみると、まず サウンドのカッコ良さに驚きます。
今までは たぶん宏美さんの歌唱力にばかり気をとられていたのでしょう。
  〔 楽器たちのセッションって こんなだったんだな~! 〕 と感心 し、
間奏にも聴き入ってしまいました。
そこに 宏美さんの 透き通るような伸びやキレのある歌声が加わる。
  〔 演奏と歌の両方共が素晴らしい 夢の共演 だったわけね! 〕
聞き直してみると 思い出すこともあるけれど 新たな発見があるものなのね~!
               (岩崎宏美さん関連の記事や歌については こちらこちら で ご覧ください。)


時間を置いて聞き直してみると、
感じかたが違ったりすること、確かにあるわね~!




                                     お読みいただきましてありがとうございます。
                ランキング投票に ご協力いただけると 嬉 しいです。
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                                                     にほんブログ村





イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「イラスト工房」 「こねこのあくび」 「イラストDesignBank」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加