― 歌・種・記・文 ― (うたたね きぶん)

日々の中で感じたことを書き留めた自分のための雑記帳です。
その時思い出した歌があればそれもひとつの思いとしてご紹介!

車イスにもマナーは必要

2017-11-09 | ちょこっと話

次の記事がなかなかまとまらず 難航中のため、
〔 すぐに載せるのも悪いかしら!? 〕
〔 でも これって良くないよね! 〕
という思いもあって温めていた事柄を
先に載せることにしました。




それは 先日 駅で目撃 した 二度見 三度見 してしまった出来事 でした。

いつも利用する駅から電車に乗り込んだ時、
車内に立っている方はほとんどなく、けれど 席は埋まっているという状況。
ふたつ先で降りる私は 入り口付近に留まりました。

通常のことなので 気を張ることもなく ボーっと外を見ていたら、
それは突然 否応なしに視野の中に飛び込んできました。

扉が閉まりかけた時 電車のほうに向かうように走って来て
扉が閉まり ゆっくり動き出した時 左にカーブしていった
一見 子ども用の自転車のような乗り物
     一瞬そう思った その乗り物は、             
     小さい子が乗る "三輪車" を 大きくしたような形 をしていました。


運転 していたのは女性。
年配ではない方でした。
そしてその乗り物は そのまま
少なくとも ホームではありえないと思えるスピードで
電車の進行とは逆方向に走り去って行きました。

思わず 「えっ!」 と声が漏れました。
お隣りに立っていらした男性も 同じように驚いて、
同じように 目でずっと後を追っていらっしゃいましたので
私の見まちがいではありません。

     ・・・ というより、
     あの物体と あの速度と あの運転のしかたを見たら 釘づけにもなります。


  〔 あれって 車イス
  〔 あんな 車イス あるの
驚きしかありませんでした。

     その物体 には ハンドル があり、
     その女性は 普通の道をカーブするように ハンドルを操作 して、
     だけど 明らかに ゆっくりと 慎重に とはいえない速度で、
     体を右に傾けるようにして左にカーブを切り、走り去って行ったんです。



その乗り物に対する驚き と共に その操作に 眉をひそめた私。
  〔 少なくとも この電車に乗り込めたはずはないわよね!? 〕
  〔 あのスピードで乗り込んで来られても対応できないし 怖いけど・・・! 〕
  〔 だったら 何故 あんなに急ぐ必要があったんだろう? 〕
  〔 ここはホームでしょ! あんな荒い運転はありえない! 〕
  〔 しかも 普通に歩いてたって気をつける 階段横の 一番細くなっている所を、
    誰がいるかも見えにくい状況で あんなスピードでカーブして行くなんて、
    人にぶつかる可能性については考えなかったのかしら!? 〕

     見た目は、普通の車イスよりは ちょっと細身なのかな という気も しましたが、
     それを考慮 したところで 人よりは頑丈で硬いはず!
     それに、駅など公共の場所で車イスを使用する場合などは 特に 人と接触 しないよう
     配慮 しながら 低速運転 しなければならないというのは当たり前のお話です。
     駅員さんは見ていなかったのかもしれませんが、見つかれば 厳重注意は免れない!
     ぶつかったり引っ掛けたりして コンクリートに転倒させて 頭でも打ったら、
     あるいは 線路に転落させたり 自分が落ちたりしたら、大事故に繋がりかねません。
     そこまではいかなくたって あの勢いで来られたら 絶対に退くか避けるしかないでしょう。
     迅速には動けない高齢者などは 慌てて転ぶ可能性だって大いに考えられます。
     機械を武器か防具のようにして 無防備な人を困惑させるのは 危険を伴うマナー違反。
     あれは絶対にしてはいけない行為だと思います。


車イスの方を優先してあげたいとか 道を譲ってあげようとか、
そういった気遣いは こちら側 には必要です。
公共の場も だいぶ改善されるようになってきているので
外に出やすくなってきているというのも とてもいいことだと思います。
ですが 以前にも書いたことがあるように、
車イスを使われている方も 優遇されて当たり前だと思ってほしくはない というのも事実です。
          (以前の記事 については もう少し優しさを … [バス編] の 3番目 で ご覧ください。)

     こんなことを思ってしまうのも ほんの一部のマナーの悪い方の影響。
     もちろんこちら側にもそういった問題はあると思われます。
     お互いに、気遣いや思いやりの気持ちを持てる 心の豊かさを常備 していたいものです。


この時の女性だって いつも無謀運転を しているとは思いませんし、
もしかしたら アクセルとブレーキの "押し間違い" なんてことも考えられなくはないのかも??
それでも 普通の車イスより 運転が しやすそうな この 三輪車のような車イス
だからこそ余計に 運転 には注意し、ホームなど 多くの方が利用する場所などでは
注意喚起をお願いしたいと思います。

     ちなみに この乗り物、アクセル (手で握る) を離せば 自動的にブレーキがかかる
     仕組みになっているようで、車の "踏み間違い" のようなことは起こらないらしい
     ことをあとになって知りました。  〔 だったら何故あんな行動になったんだろう!? 〕
     残念ながら 疑問解消には至りませんでした。



あとで調べたら 確かに こういう車イスが販売されている ということがわかりました。

     これは ハンドル型三輪電動車イス というもの。
     しかし、従来の 車イス と考えると もうちょっと範囲が広いような気もしてくるんです。
     それもそのはず、この商品は シニアカー と呼ばれ、一般の高齢者向けに販売
     されている物のようで、三輪自転車の軽快さ電動車イスの機能 を ひとつにした
     新しい電動車イス という ふれ込みで、コンパクトな自転車のように 毎日気軽に乗れて、
     買い物や外出を楽しめるというのが売りの商品 のようなんです。
      〔 車イスより 一般人向けの物!? 〕
      〔 確かに 行動範囲は広がりそうだから 良いような気もするけれど、
       これに乗ったほうが楽だからなんて 近辺に買い物に行くくらいの感覚で
       こんなのが 普通に駅などで使われるようになったら どうなるのかしらね!? 〕
      〔 でも 楽に連れて歩ける ってことで ベ ビーカー も 増えていったわけだから
        これだけが悪いとも言い切れないところはあるのかしら!? 〕
     ただ、三輪車で電車に乗り込む子供は見かけないわけだし、
     これが手軽に乗れて便利だからといって 規制がまったくない となったら
     それも考えもののような気はします。
     しかも なんと この シニアカー四輪 の物 のほうが多種 販売されているみたいなんです。
     どう見ても 四輪 のほうが 大きくて ゴツそうなんですけど ・・・!
     いずれにしても、無謀運転などが横行し、ホームに交通整理が必要になるなんて
     ことがないようにはしてほしいものだと思います。
     ちなみに、JRでは、真に ハンドル形電動車イス の利用が必要な方には
     証明書等の提示が必須とのことになっているようです。


ちょっとびっくり して 疑問も湧いてしまった出来事でしたが、一番は マナーの問題
ホームなど 危険が伴う場所では 人に対する配慮を怠らないよう願いたいものです。

少なくとも、

人に迷惑をかけないよう、自重 してお乗りください!


                                     お読みいただきましてありがとうございます。
             右の<自分らしさ>か 下の<日本ブログ村> を クリック して  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
             ランキング投票にご協力いただけると嬉 しいです。
         にほんブログ村





イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「イラスト工房」  「M/Y/D/S イラスト素材百科」  「介護・福祉 無料イラスト素材」

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退かれて退いた ちょこっと話 | トップ | ひっそり過ぎて気づかなかっ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろんな人がいる (iina)
2017-11-13 10:50:41
いろんな人がいます。
電動車イス に乗る方も同様です。

雨に降られて、やむを得ず傘を買うはめにな.ることがありますが、少しの辛抱で無駄遣いしなくてよかったですね。

雨が降って傘を買うのも、傘屋さんとっては恵みの雨になるわけで、世の中を俯瞰すると案外と無駄も役立っていそうです。

旅行は、予定を組んで出かけますから、雨も嵐も踏み分けて進まなくてはなりません。
帰路前日から当日に、台風に見回れましたが台風一過し自宅に帰れました。

もっとも、旅は「百聞は一見に如かず」が気分です。

iinaさんへ (ワ・タ・シ)
2017-11-21 03:04:14
いろんな方がいらっしゃるなと思いますし、
同じ方でもその場によって違ったりすることもあるのかもしれないと思ったりもします。


やっぱり台風には見舞われてしまったようですね。
でも大打撃を受けなかったのならよかったです。
旅は「百聞は一見にしかず」ですか。
繰り返し聞いたこと、前評判、うわさ話。
無理に疑うこともないけれど、人の思考は同じではないから
実際に確かめて 自分なりの判断をするのが一番でしょう。
評判通りなら納得、違っていても自分は自分!
行きたい所に行けたのなら幸せ!
いずれにしても 行動を起こし 経験すれば 考えることは増えます。
iinaさんはいろいろ歩いていらっしゃるようだから 経験値も上がっていることでしょう。
中でも今回の13ページにも及ぶ投稿は見応えがありました。


ビニール傘を販売しているお店はホントに多くなりましたから
急に降られても困ることは少なくなりました。
売る側と買う側では 同じ思いではないこともあります。
自分の無駄も誰かの助け と思えばちょっとは救われるかもしれませんね。

コメントを投稿

ちょこっと話」カテゴリの最新記事