― 歌・種・記・文 ― (うたたね きぶん)

日々の中で感じたことを書き留めた自分のための雑記帳です。
その時思い出した歌があればそれもひとつの思いとしてご紹介!

年配者の婚活  ― Ta-lila ~僕を見つけて~ ―

2010-03-06 | ちょっと考えさせられたお話
先日 知人が
    「先行き不安なので ただいま 婚活中!」 というメールを送ってきました。
奥さん いたはず なのに! (孫も …!)
  彼女も いたはず なのに!
どうやら 両方と 別れてしまった … ような !!?!??    

え―――――――――――― っ! ってくらいの衝撃を受けましたが、
心の内を 軽々しく聞くなんてことは出来ません!
返信の際には、驚いたことと 頑張ってくださいね という内容を送りました。
気も若く すこぶる元気とはいえ、彼は確か 60を過ぎていたはず!
   傷心で、これから 婚活ですか!?   「凄いな~!」 「大変だな~!」
だけど 本人はいつも ケロケロ っとした感 じで、悩みなんてまったくないように見えるので、
もしかしたら 私の方が複雑な思いを抱いているのかな~なんて 錯覚 しそうな気分になりました。 

                               

最近 やたらと聞くことのある <婚活> という言葉。
それって 若い人だけがするものじゃなかったんですね~!

そんなことを思っていた時 ちょうど
<最近では 高齢者の婚活 も流行っている> という話を聞きました。
やっぱりそんなことになっているんだな~ と思ったら
その年齢が なんと 30~40歳 だと聞いて これまたびっくり!
「そんな年齢から 高齢者 とは 言わないでしょう!」 と かなりの反発を感 じましたが、
高齢出産> という言葉があることからすると、 そうなってしまうんでしょうか!?? 

そうなると 60過ぎの人は なんて云うの!?? 
何だか気になってしまいました。


近年、パソコンが普及した関係で ネットで婚活> なんてパターンが 急増中 だとか!
気に してみていると、
<70代、80代、 シニア の オンラインでの 恋人探 しも 急増中!> という記事を 目撃!
   シニアか~!  <年配者> っていう言い方なのね。

いくつになっても 好きになる という気持ちは大切 に したいから、
<年甲斐 も なく> なんて 思うことは ないけれど、
きっかけがあって 出逢う というのでなく、 探す というパワーには 驚くものが あります。
   最近は 何に対 しても <積極的な人が増えた> ということなんでしょうか!?
確かに、                                 
歳をとってからの <ひとりっきり > には 寂 しさ だけでなく 不安怖さ も潜んでいるので
焦る気持ちもわからないわけではありません。
     急に具合が悪くなったら …   襲われたら …   災害が起こったら …  etc
だからこそ <誰かが傍ら にいてくれる 安心感> は とても大きいのだと思います。
それに きっと、ひとりでは味わうことが出来ない <小さくても 大きな安らぎ> も感 じられることでしょう。
   例えば
     男性なら、 (彼女が)花びんにお花を活けて窓辺に飾る、そんな姿に癒されたり、
                  重そうな荷物を 「持ってあげたい!」 なんて思う優 しさが芽生えたり …
     女性なら、 (彼が)自分に苦手な作業を してくれている姿に 頼も しさを感 じて、
                  甘えてみたくなったり、「手伝いたいな!」 なんて思ったり …
   空想 しているだけでも楽 しいんですから、ぞれが現実だったら 嬉 しいでしょうね~!


若い時に比べたら <行動範囲> が狭まり、<出会う> 機会が減り、
友人同士の繋がりから発展 していくことも 少ない。
   だから <婚活> !?
婚活って、お互いのことを ある程度わかった上で交際が始まるんですよね!?
合理的という面では いかにも現代っぽくて、時代には合っているのかも しれませんね。

私の知人の場合は 以前 「パソコンは出来ない!」 と言っていましたから、
結婚相談所みたいな所 に会員登録 しているのでしょうか!?
<出会い系> というのは 別ものみたい。

どこかのコマーシャルとは ちょっと違うけれど、<70、80 喜んで!> 
そんな世代が 元気なら、60代なんて まだまだ若い!
今から パソコンも勉強 して 婚活もやって、元気で長生きしてくださいね~!
                                              
離婚 してすぐに婚活を始めるのも 何だかちょっと嫌な気がしますが、
死別後すぐは もっと嫌!
だけど、ひとりが長いと そんな意欲が湧かなくなったり、
自分の生活パターン が出来てしまっていたりするので けっこう難 しくなるような気も します。
そう考えると、<したいと思う気持ち> と <時期> が大事!?
けっきょくは 若い頃と同 じように、結婚 したいと思った時が 旬 なのかも しれませんね。  
  「この人を守っていこう!」 なんて、もう一度 男として生きる力を奮い立たせられたり、
  「一緒に生きて行こう!」 って 足並みを揃えようとする努力が出来るなら 素晴らしいこと。
  思いやり は大事だし、趣味を共有できるか、信頼 して好きなことをさせてあげられるくらいの 寛大さ
  余生を送るのための 余裕安定 も 少しはあったほうが良いでしょうね!
  呼吸のように 吸う と 吐く が 一緒の人、 あるいは 真逆の人。 (わっかるかな~!)
  波長が同 じなら たぶん双方共に楽な気が します。
  心身 共に 落ち着ける人
自分に合った人が見つけられたら 良いですね。 
私なら <茶飲み友達 みたいな関係が 良いと思うけれど、それだって 信頼出来てのお話!
理解 してもらえていると思えば お茶はもちろん お酒だって 美味しく飲めますが、
そういったものが欠けてしまうと、良いお酒でさえ 美味しい料理でさえ 本来の味には感 じられなくなる。
おしゃべりを して、歌って 食べて飲んで、
<時間が短い~!> って感 じるくらい 良いお付き合いの出来る方と出会えたなら
                                 婚活でなくたって 幸せ気分になれますよ。 

                               
ちなみに、
<婚活> とは
  結婚活動の略。
  結婚を真剣に考える独身同士が、最良のパートナーを探すため活動すること。

<結婚情報サービス> とは、
  結婚したいと真剣に考えている独身の方々を対象に、
  パートナー探しのための情報や機会を提供するサービスのこと。
  1970年代頃に、日本にも結婚情報サービスを提供する企業が誕生し、
  現在では多種多様なサービスが各社より提供されているそうです。
  具体的には、
    ・会員データによるお相手の紹介や仲介
    ・出会いの機会を提供するパーティーの開催
    ・インターネット上での紹介
    ・会員向け情報誌の発行
  会員登録すると、アドバイザーによるきめ細かなサポートが受けられるようです。

               何だか ちょっと ペッ トショップで 僕達を 探すのに 似てるような気が …!
                      怒られちゃうかもしれないけど、あれも ビビッてくる時があるでしょ!?



      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

良い方と巡り逢えますように … ということで
2005(平成17)年 4月20日発売、
         ナナムジカ の  『Ta-lila ~僕を見つけて~』
                  (作詞 = 西島梢 さん / 作曲 = 松藤由里 さん)

「人は孤独と云う引力で 愛を探し続けてる  このちっぽけな生命(いのち) 早く見つけて」
    「君はどの糸たどり 僕と出会う?」
   「U-lila 僕は歌い続ける 君が僕を見つけてくれるまで
                         こんな広い世界の中で 君に歌うこの声 届くように」

   地球儀を見ていると 人間なんて小さいなと感 じます。
     そんなちっぽけな命が、いろんな人とすれ違いながら 本当に愛せる人と いつか出逢う!
     引き合う力って あるんでしょうか!? 呼んでいるのがわかるんでしょうか!?
     どうやって巡り会うんでしょうか!?
     たとえ この身体が朽ち果てようと、また来世で逢える!
     心に響くものを感じます。
                                       (※ 詞の内容から、その時感じたままを 書いています。)
                               
富山県出身の西島梢さん( ボーカル) は、
  小さい頃から詩集を愛読する母のそばで育ち、やがて歌うことに目覚め、声楽の勉強のため上京。
佐賀県出身の松藤由里さん( ピアノ・コーラス) は、
  大学教授でピアニストの父と 声楽を経験する母を持ち、音楽は空気、ピアノは遊び道具、3歳から作曲!
  そんな環境の中で育ち、ピアノの勉強のために上京。
専攻は違ったけれど、高校の寮で隣同士になったことから運命を感 じ、意気投合して ユニットを結成。
デビュー曲が この 『Ta-lila ~僕を見つけて~』 でした。
<誰にも孤独のさみしさはあるけれど、必ずあなたを待っている人がいるんだよ> という希望の歌。
そして、<前世で出会う人たちとはもう一度出会う> という <裏テーマ> が込められているそうです。
   『世界最短15秒シネマ "ナナムジカ" inspired by 「夜のピクニック」 』 の テーマソング。
   15秒シネマ本編中で展開される先生と生徒・月子の会話は、この裏テーマがベースなのだそうです。
   他にも、TBS系 『CDTV』 2005(平成17)年4月度のエンディングテーマ、
   CBC・TBS系ドラマ30 『新キッズ・ウォー』 の応援歌 にも使用されています。


ユニット名 の <ナナムジカ>。
初めて聞いた時は えっ?? って感 じで、聞き返 したくなるような不思議な響きを感 じました。
どんな意味なんだろう!?
   nana (ナナ) は、古代ウルクの 月の女神 の名前。
   musica (ムジカ) は、ラテン語で 音楽 という意味。
月の女神 と 音楽 が 出会って、孤独の闇に光を照らし 心に届く音楽が生まれる!
西島さんの生み出す歌詞、そして 強さや 儚さや 切なさを併せ持った ボーカル力。
松藤さんの描く 光と陰を思わせるドラマチックで 幻想的な音世界。
このふたつが共鳴して 感性に訴えかける。
   新たに切り開いていく人生、 魂や愛の大切さ、 そして 輪廻転生。 
独特の世界感を持ったアーティストとして注目されはじめていたのに、
各々の目標に向かって活動を進めるとのことで、ユニットとしては 2007年12月をもって活動休止!
2年半ほどの短い活動期間でした。

好きな曲がいくつもあり、期待度も高かったので 非常に残念でしたが、
二人が 前へ進むための 休止だから しかたない!
   だけど、 <僕らは 何度でも生まれ変わる。 いくつもの夜越え、君に会うために>
いつの日か また大きくなって復活してくれることを期待 しています。

なお、発売 したシングル曲は 全て、ドラマのテーマソングに起用されています。

                      出来ることなら 今の世で 再会出来ますように …!





イラスト素材の一部は、下記を利用させていただいています。
   「イラスト工房」 「素材屋ひなとん」 「きまま素材」


   にほんブログ村 日記@BlogRanking


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モラル、どうなってるの!?... | トップ | お茶の話  ― お茶でも どう... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
八尾曳山&風の盆 (iina)
2017-08-17 09:25:14
富山を検索すると、コチラに誘導されました。
便利なのか安易なのか<ネットで婚活>に似て<ネットでおわら>なら許されるでしょう。


>太鼓や三味線と共に聞こえる 胡弓の音色の癒し感がたまらない 「越中おわら節」。その旋律にのって 無言の踊り手が披露する 勇壮な男踊りと艶やかで優雅な女踊り。
9月1日から3日にかけて「おわら風の盆」があります。町流しが特徴ですが、坂の町の八尾の奥がみどころです。

もちろんYouTubeを、iina宅に用意しています。
八尾曳山&風の盆の詳しい話は、それぞれの写真をクリックください。

http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/ccb36edf92528f526026617f59e08aa9

iinaさんへ (ワ・タ・シ)
2017-08-26 01:51:46
<ネットで婚活>から<ネットでおわら>ですか!?
ちょっと強引な気もしますが・・・
今はネット社会ですからね、 間違ってはいない!
何でもかんでも ネット!!


豪華絢爛で精巧な昼の曳山、たくさんの提灯に彩られた夜の宵山、
まったく違う山車が それぞれの風情をかもし出していて素敵です。
唄だけだったものが、楽器、踊りと増えてゆき、
その踊りは まったく違う3通りが存在して、時代と共に変わってきているという。
進化型というのも含めて 独特なお祭りですね。
深編笠に草履で 顔が見えない音がしない。
そんなところも幻想的で優美に見え、人気なのでしょうね。
賑やかだけど危険なお祭りもありますから 大人にはこんなお祭りが似合うかも。

コメントを投稿

ちょっと考えさせられたお話」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事