希望列車で行こう!

希望を持って、出発しよう!

希望列車339

2017-05-06 03:22:26 | 日記
人は時として、岐路(きろ)に立たされる。

それは、ものすごく単純(たんじゅん)にいうと、
「幸せになるか」「不幸になるか」という岐路です。

大げさに言えば、人はその岐路に立った時、それを自分で選んでいる!と言えます。

環境(かんきょう)がどうだとか、世間(せけん)がどうだとか、人がどうだとか、自分の状況(じょうきょう)がどうだとか、いろいろなことがあって見えづらくなっているけれど、実は、「幸せになるか」「不幸になるか」・・・、それを自分で選んでいると言えると思います。そしてその積(つ)み重(かさ)ねが、今の自分になっているんだと思う。

けれど人は、往々(おうおう)にして、幸せになるか、不幸になるかを選んでいるのが自分であるということを、忘れてしまう。

環境が悪い、状況が悪い、人が悪いと、人や世の中に振(ふ)り回されて、肝心(かんじん)なことを忘れてしまう。

それは、幸せになるかならないかを決めるのは、自分自身だということです。


ところが、だまされてしまう・・・!


さまざまな状況や周りの人たちの見方や風潮(ふうちょう)、自分の今のさまざまな技量(ぎりょう)などのことを考えてしまい、自分は幸せになれないのではないか?などと錯覚(さっかく)してしまう。

周りの環境や状況、まわりの人々の見方や流れにだまされてしまい、幸せになるかならないかを決めているのは、自分自身であることを忘れてしまう。


けれど、だまされてはいけない!!

幸せになるか、ならないかを決めるのは自分自身なのだから!!


そして、それらの環境や状況、人々の風潮など、それら一切(いっさい)にだまされず、決然(けつぜん)と幸せになっていくために、創価学会の南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)をとなえる仏法(ぶっぽう)の信仰がある・・!

自らの一念(いちねん)、自らの心、自らの全生命で道を切り開き幸せになっていける、その究極(きゅうきょく)の行動が、創価学会が実践している、南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)をとなえる、仏法(ぶっぽう)の信仰だということです。

創価学会(そうかがっかい)の南無妙法蓮華経の仏法が、どれだけスゴイか・・!
どれだけ、人々を幸せにしてきか・・・!
どれだけ、未来を切り開き、勝利をもたらしてきたか・・!

それは、本当に計りしれない・・!

また、そのことによって、世界にどれだけ平和を、幸せを、もたらしてきたかも計り知れない。


ご本尊に南無妙法蓮華経をとなえる時、その人は、人生の主人公(しゅじんこう)に変わる。
ご本尊に南無妙法蓮華経をとなえる時、その人は生命の王となり、人生を切り開く王者となる。

ドラマや映画の一国の王のように、自(みずか)らの力で幸せを勝ち取る生命状態に変わっていく。
そして人生を勝利していける。

※ちなみに、ご本尊とは、仏(ほとけ)の生命そのものを、あらわしたものであり、自分の生命そのものを、あらわしたものでもあり、その必ず幸せになっていける仏(ほとけ)の生命が、自分自身の中にあることをあらわしたものが、ご本尊(ほんぞん)です。


よく宗教は弱いものがやるものだとか言うけれど、創価学会の信仰は、そういう部類(ぶるい)のものとはまったく違(ちが)ってくる。逆(ぎゃく)です。

すなわち最強の人間が行う、最強の王者の信仰だということです。
というか、ご本尊に南無妙法蓮華経をとなえていくことによって、自然に人間の王者になっていくんです。

そして、先ほども言ったように、悩みを解決し、夢や希望をかなえて、幸せと勝利をつかんでいける。



話しは違(ちが)いますが、池田先生(創価学会インターナショナル会長)が、このようなことを言っていました。

「絶対強盛(ぜったいごうじょう)な信心(創価学会の信心)とは、子どもが怖(こわ)いことが起こると、「おかあちゃーん」と母親のところへ飛んでいくようなものです。その気持ちで御本尊に願ったら、すごいことになります。

これは理論(りろん)ではありません。信心です。母親のところへ、死にものぐるいというか、純粋(じゅんすい)というか、それ以外にないのだと言う、その一念(いちねん)で御本尊に直結(ちょっけつ)し、願っていけば、どんなことも通じます。その祈りはかないます。それが信心の究極(きゅうきょく)です。」

何を言いたいかというと、創価学会の南無妙法蓮華経をとなえる仏法(ぶっぽう)の信仰が、どれだけスゴイか・・!ということです。
本当に信じ、本気で実践していった時、どれだけ素晴(すば)らしい、どれだけスゴイ結果が生まれるか!ということです。そして、どれだけ幸せになっていけるか!ということです。

だから、世の中の環境や状況にだまされてはいけない!!

創価学会の南無妙法蓮華経をとなえる仏法の可能性は、無限大(むげんだい)なのだから。


創価学会二代会長の戸田城聖先生は、言われた。

「人生は、強気でいけ!!!」

世の中は、世界は、良く言えば、愛情や善意に満(み)ちている。
逆に、悪く言えば、悪意やマイナスのエネルギーが充満(じゅうまん)しているとも言えます。

そして、時として、そのマイナスのエネルギーが、自分に襲(おそ)いかかってくることもある。
さまざまな環境や状況、人間模様(にんげんもよう)や自分に降(ふ)りかかってきた運命が、自分を押しつぶそうとする時もある。


けれど、戸田先生は言われた。

「人生は強気でいけ!!」

そして、強気でいけるだけの絶対的な確証(かくしょう)であり、力(ちから)が、創価学会が実践している、南無妙法蓮華経をとなえる、仏法の信仰だということです。

そして、決然(けつぜん)と、その創価学会の仏法の信仰に立ち上がった時、世界の善意のエネルギー、幸せのエネルギーが、自分のもとに集まってくる。自分の世界が、善意や愛情に満ちた世界に変わっていく。

そう言えると思います。


だから、周りがどうであれ、状況がどうであれ、それらの環境にだまされてはいけない!!

なぜなら、幸せになるかならいなかを決めるのは自分自身なのだから・・・!

そして、自分自身で幸せを切り開ていける、自分自身で悩みを解決していける、夢や希望をかなえていける、決定的で最強無敵(さいきょうむてき)の武器(ぶき)であり力が、創価学会が実践している、南無妙法蓮華経をとなえる、仏法(ぶっぽう)の信仰だということです・・・!
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 希望列車338 | トップ | 希望列車340 »

日記」カテゴリの最新記事