アラカン女子のひとりごと

アラウンド60歳からのブログ

コルチカムを庭に埋めもどした

2016年10月12日 | 日記

お皿の上で奇麗に咲いてくれたコルチカムが終焉を迎え、来年も咲かせるには土に埋めもどさないといけない。

薄皮をめくって球根を良く見てみると、かなりシワシワで消耗しているのがわかる。この球根は親株なので、土に埋めてあげると子どもを作り、親自身は消滅する。早く埋め戻さないと 子どもを作る前に消滅しそうだ。

 

庭仕事はなかなかやる気が出ず先延ばしにしていたが、このシワシワ加減を見ると、いよいよやらなくてはいけなくなった。

こちらは 球根が小さくて花芽があがらなかったコルチカム。この球根も一緒に埋め戻さないといけない。

 

これが一番小さな球根。乗っているのは、私の手のひら。 小さくてもちゃんとコルチカムの球根の形をしているのが、とてもかわいい。



さあ、重いお尻をあげて、作業に取り掛かりましょう。

肥料を混ぜ込んで良く耕し、バケツ1~2杯位の土を取り出し、ある程度間隔をあけて球根をねじ込む。

 

その上にバケツの土を7~8センチくらいかぶせる。小さな球根は画像の上のほうにまとめて埋めた。



そして、しおれた花を摘み取った。

 

これで完了!。 やり始めれば、大した作業ではないのだが、気になっていたことが終わってホッとした。

来年も奇麗な花が見れるかな。


『ガーデニング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超・遅まきコスモスが咲いた | トップ | コリウス 寄せ植え4ケ月後 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。