アラカン女子のひとりごと

アラウンド60歳からのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

亡き母が残した球根、2年後に花が咲いた

2017年04月05日 | 日記

 2年ほど前に突然亡くなってしまった母のベランダに残されていた小さな鉢に入っていた球根。

何の球根だかわからないが、持ち帰って、わが庭に埋めた。

去年は葉っぱは出てくれたが、花芽はあがらなかった。

そして、今年2年目にして葉の中心から花芽があがり、今日、ヒヤシンスらしき花が開花した。

母が めでたであろう花を見たさに2年間見守り、本日、その願いが果たされた。


母さんが見たヒヤシンスは こんな花だった?  花が3りんしか咲かなかったけど、母さんが見た
ヒヤシンスはもっと立派だったでしょうね?

聴きたいけど、母さんはもういない。

こんな少ししか咲かないヒヤシンスなんて見たことないけど、咲いてくれてとってもうれしい。

母さん、逢いたいよ。  ごめんね、親不幸な娘で…、もっともっと、里帰りしてあげればよかった……







『ガーデニング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスローズが満開 | トップ | お庭の黄色は元気をもらえる »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。