気ままなままに

子供たちも独立し、今や義母と主人との3にん暮らし。
義母の介護の事、日々のちょっとした楽しかった事等を書いてます。

どういたものですかね~~??

2016年10月14日 16時31分10秒 | 日記
義母の事ですけどね。

先日2泊3日でショートステイだったのでした。

最終日、送って来てくれた職員さんの話によると
初日の昼食時、
突然に前の席でご飯を食べている人に
湯飲み茶わんに入っていたお茶を掛けてしまったのだそうです。

また、利用者さん同士が話している所に
近づいて行って、突然に1人の人の頬を叩いたそうで、
それを見た職員さんが慌てて、義母を引き離して
別の場所へと誘導して、相手をしてくれていたそうなのですが、
義母、何を考えたのか、
その2人の元へ行きまして、今度は
頭を何度か殴ったそうで・・・・

は~~~~、何がどうしてこうなっちゃうかな~?
義母は義母の何か思いがあってした行為なのでしょうけれど、
でもね~、人を殴ってはいけませんわ。
それも家族以外の人を。
主人はこの話を聞いて
「突然に、とか言うけど、そんな訳あるか?
絶対その前にあるはずだ。
それを、突然とか言ってもらいたくないわ」と言ってます。

認知症って、突如として思いもよらない行動に出たりすることもある
それが認知症と言うもの。とも聞きますが、
それだったら、義母は何もなくても殴ったと言う事?
これはわかりません。

家では、私たちの対応の仕方、
義母が思っている事にそぐわない事をした場合
私や主人に対して、
殴りかかってきたり、つねりにきたり・・とされますが、
これは、私たちだから、わかる事であって、
ショートステイでは、利用者さん、家族以外の人なので、
義母の気持ちがどうとか、わからないでしょう。


こういう事もあり、
ショートステイの責任者さんからの提案で
担当者会議が開かれることになりました。
議題は
「義母がショートステイで
落ち着いて生活をしてもらえるようにするには
どのようにしたら良いでしょう?」
と言うもの。

落ち着いて生活をしてもらうようにするには
どうしたら良いのか?って
そんな事、話し合いをして出来るものなのかな~?

先ず、現在お世話になっているディサービスと
ショートステイでは職員さんの人数が違います。
ディサービスは、認知症対応の施設なので、
マンツーマンでの対応をしてくれます。
心からありがたいです。
あの一番酷かった状態の義母を見捨てることなく
面倒を見てくれて、今があるのですから。

でも、ショートステイは、一般の方も利用されてますし、
そうそう、職員さんも多くはありません。
責任者さんからも
「ディサービス(義母が通っている)の様な対応は
うちでは、職員の人数の関係もあり、出来かねる。と言う事は
ご理解ください」って言われているのに、
それでも、落ち着いた生活が出来るように・・・・
って、どうするのだろう???


でね、私、1つ、思うところあるんですよ。
って、これは私の自分勝手な考えなのですが、
義母がお世話になっているショートステイの部分には
窓が無い!

玄関側は大きな窓があって、外が見えてとても見晴らしが良い。
でも、それから廊下を曲がりショートステイの場所へ・・・
その場所は、建物の内部で全てが壁になっている。
おまけに、入り口には鍵が掛かっていて
外には出る事が出来ない

食事をする場所も壁に覆われているし、
部屋も窓ってなかったような????
あっても、小さい。

これって、一般の人は、数日間だったら
我慢できるかもしれないけれど、
認知症を患ってる人って
閉塞感を感じてしまうのではないかな?

それで人によっては
不穏な感じを受けたりするのではないかな?
って思うんですよ。
だって、家では少し動けば窓があったり
外の光が差し込んでくるでしょ。
それがないんですもん。


だったら、ショートステイを変えれば良い。
そうなのです。
これが出来たら一番良いのだけれど、
なかなかそうは行かないのが現状で・・・

だから、私の頭の中は
ゴチャゴチャしてますよ~~~~。

どうしたもんじゃろの~~~・・・ですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語って難しい・・・・・・ | トップ | 思い起こせば 今 昔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。