気ままなままに

子供たちも独立し、今や義母と主人との3にん暮らし。
義母の介護の事、日々のちょっとした楽しかった事等を書いてます。

なんだか、やるせない気分・・・・・

2016年10月25日 11時21分10秒 | 日記
先日、友達のお舅さんが亡くなった。との連絡が入った。
施設での事で、
ご自分の部屋で朝職員さんが声掛けに行ったところ、
亡くなっていたそうなんです。
施設でお世話になっていても、こんな事が・・・
なんだかな~~・・・と思いました。
お舅さんのご冥福を心からお祈りしたいと思います。

この話で思い出した、主人が私に言い放った一言
「お前はお袋を死なせたいのか!」
どうしてこの言葉が出てきたのか?と言いますと、
2人で義母のこれからの事を話していた時です。
私は、義母を家で看取りたい。と考えてまして
その事を再三主人には話しています。
でも、主人の考えは違います。
最後は、やはり施設にお世話になる事が
お互いの為になるし、安心していられる。

それは、そうでしょうけれど・・・・・
でもね、私としては
介護していけるまで、
言い方を変えれば、
手が掛かりにかかってしまって
自宅介護が無理になってしまうまでは
家でノンビリと介護をしていきたいのです。

家を守る事に人生を掛けていた義母ですから、
やはり家で心行くまで居たいでしょうし、
何と言っても義父を家で看取ってますからね。
義母にも同じようにしてあげたいのですよ。

と、こう思っているのに、
主人ったら、
「お前はお袋を死なせたいのか!」
「お前が買い物に出ている間に
息が止まってしまったりしたらどうするんじゃ!」
もうね、この言葉を聞いた時、私、体から正気が一気に失せちゃって
泣きたくなるやら、情けないやら・・・・・
あの時の私の感情はどう表現して良いのかわからないくらい、
悲しいものでした。
この人、私の事何もわかってないんじゃない?


結婚して、子供が生まれた時
義母から「これからは、貴女が家を守りなさい」
主人からも「お袋がこう言ってるし、頼むから仕事は
辞めてくれないか」と言われ、家庭に入ったのに。ですよ。
まあ、この時も
絶対に嫌だ!とは言う事が出来なかった私も
意気地がなかった、と言えばそうなんですが

子供がある程度成長した時も一度、
仕事に出たい。と言う事は言ったけれど、
やはり、却下。
家庭に荒波を立ててまで、仕事に出る事が出来ませんでした。

そんなこんながあっての今なのですが、
お袋を死なせたいのか!なんて
よく言えたものだ!と思いますわ。

で、友達のお舅さんの事を主人に話し、
私に言い放った、あの冷たい一言を
取り消してもらおう。と思ったら、
そんな事は言った覚えがない。ときた!!
何?この人!!
本当に覚えていないのか、念押しして聞いてみても
全く覚えがないのだそうです!
あの一言で私が深く傷ついたってのに。
おまけに、お前はそんな昔の言葉を覚えていて
しつこいぞ!ですよ。

そりゃあね、主人は、その時、思った事を瞬時に軽い気持ちで
私に言ったのでしょうけれど、
言われた私は、傷ついたし、そりゃあ、覚えてますわ。

あ~あ、私は2度、奈落の底に突き落とされました><
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑えて、寂しくなる話 | トップ | 完全なる愚痴です~~汗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事