エッセイブログ~すべらない話し~

 私のまわりでおこる様々な出来事。恋あり、笑あり、涙あり、人生ブログ。

夢の話

2016年11月12日 | エッセイ (2016)
 昨日は、幽霊の夢を見て、怖くて飛び上がった。

 父が居間にある所を見ると、荷物の後ろに何かが、スーと後ろの方に入っていって、前にある荷物を除けると、よくテレビで見る柳の木の下で、両手を広げている白い着物を着た幽霊が井戸から出ている掛け軸というより、壁に張り付いていた。
 
 父が掛け軸を取って燃やすというと、居間に来ていた客人に、幽霊が乗り移り、「燃やせるものなら燃やしてみろ。」と言って、客人が倒れたところで、目が覚めた。

 夢では怖かったが、起きたら、バカみたいだったが、余韻みたいなのが怖かった。

 夢をよく見るが、もう一つの現実のような気がしてならない。

 パラレルワールドっていうのかな。

 体が現実だけど、頭だけ宇宙空間に行くような感じがする。

 要するに夢の中では、その時だけ現実なのだ。

 死ぬ時もこんな夢を見ながら死ぬのかなと思ったりもした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天才桑田佳祐 | トップ | 母の事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ (2016)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL