私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

大様なるアマテラス

2017-04-19 09:29:17 | 日記

 やはり姉弟です。姉の弟を思う心が神様にもあるのです。スサノヲが大嘗殿に大小便を撒き散らしても、その行為に付いて、次のように云って弟を慮っております。

      “如屎。酔而吐散登許曾<クソナスハ エヒテ ハキチラスコソ>”

 とです。

 {何て、お優しい姉君だ事」と感心させられます。しかし、姉の心知らずの我儘弟です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪逆無道な行い | トップ | 日本歴史に初めてお酒が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL