私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

「珍」について

2016-10-17 08:44:11 | 日記

 讃(履中天皇)の死後、珍が天皇になります。この反正天皇について、「古事記」には此の時どのような事象が有ったかは何も書かれておりません。又、日本書紀にも、ただ

              “當是時、風雨順時、五穀成熟、人民富饒、天下太平”

 と。「五穀が豊穣で、人民は富み潤い、天下は至極太平であった」とのみ見書かれております。

 この「珍」について、宋書には、讃の死後、弟の珍が立って、使いを遣わして貢物を献上して

          “自稱使持節、都督倭百濟新羅任那秦韓慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王”

 と、書かれております。

  この珍が、日本や朝鮮(百済・新羅・任那など)の六国の軍事を司る使持節(最高の)都督(長官)と名乗るのを承認してほしいと、宋の王様に頼み込んだので、それを許したと書いてあります。440年頃のお話です。つづいて

        “表求除正、詔除安東將軍、倭國王。珍又求除正倭隋等十三人平西、征虜、冠軍、輔國將軍號、詔並聽”

とも。
 「上表して正式な爵位を求めてきたので、詔を以て「安東将軍、倭国王」に叙した。その上、珍は、また、倭隋ら十三人に平西、征虜、冠軍、輔国将軍号の正式な爵位を除するように求めたので、詔を以て、すべて、聞き届けた」と。
 

 

 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和6,7年頃の崩壊寸前の松... | トップ | 「そげえなこたあしちゃあ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL