私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

スサノヲの「転<ウタテアリ>」

2017-04-24 09:18:56 | 日記

 アマテラスは姉としての鷹揚な態度で、弟スサノヲの数々の悪行を“登賀米受<トガメズ>”していたのですが、それに対して“清明<アカキ>”心を持って居ると大見栄を切ったスサノヲであるはずですが、こともあろうか最愛の姉に対して赤心など微塵もない、            

        “愈進<イヨイヨススミ>て、殊に、甚しくなるを云フなり”

 と、宣長は「古事記傳」に説明しておる通りの悪行を続けます。スサノヲが自負した清明はどこへ行ってしまったのでしょうかね。姉に対する弟の甘えでしょうか、ついつい有頂天になって、己の清明な心を忘れて乱暴な行為を続けたのでしょうか???不思議ですね。書紀にも、これと同じことが書かれていますから、間違いなくスサノウの悪行が続いたのです。神様でも姉弟となるとその行為は人と同じようなことをしでかすのかなと思いますが???どうでしょうかね。

 さて、次にした、スサノヲの悪行はと云いますと、これは殆どの人が知っているのではと思われます、あの生き馬の皮を剥いで姉が機織りしている所の屋根を壊して投げいれる事件を起こしています。これも、また、明日にでも・・・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弟思いの姉に対して | トップ | 絵本??? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL