私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

“象潟に方寸を責”とはーその2

2016-09-18 07:09:38 | 日記

それだけ説明した所で、蓑笠庵は、芭蕉の「奥の細道」(芭蕉の自筆の奥の細道)にある

                

                           “今 象潟に方寸を責”

ついて、説明しております。

      “責ハ争ト云意ニテ はるばるの旅路もはや行先象潟ばかりに成たりと云心なり”

 言わずもがなですが、
 「色々な場所への思いを胸に今回の奥州への旅路であったが、ようやく最後の目的地<象潟>にたどり着こうとしている」
 ぐらいの意味ではないかと思いますが。と云うことは、芭蕉はこの象潟を見学したら、此の奥の細道への旅を終わりにしようと、最初は、思っていたのかもしれませんね??

 もし、ここで終わっていたとするなら、あの“荒海や・・・”の句などこの世に存在が無かったのかもしれまっせんね。どうでしょうか???

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “象潟に方寸を責”とはーその1 | トップ | もうこれで「象潟」は終わり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL