私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

「オロチ退治の場所は、出雲でなく、備前だ。」

2017-07-11 06:36:27 | 日記

 安永年間(1780年ごろ)岡山藩の上級武士で、早くから隠居して気ままに自分の趣味に打つこんだ「

                           “土肥経平<ドヒツネヒラ>”

 と云う人がおられました。著書に

                         「寸簸之塵<キビノチリ>」

 があります。「キビノチリ」、即ち、吉備の地理の事をいろいろと書いた本です。
 此の中の最初に「石上韴霊社」や「簸川」についての記事が見られます。此の中で、彼は「スサノヲ」(素盞鳴命)が葦原中国に降り給う場所、かの脚摩乳手摩乳に合った場所、を「出雲」ではなく、「備前」であったと、古事記にはない説を書いたのです。この説に付いて、本居宣長も知っていたのでしょう 次のように書いております。

 “「此の剱吉備邇在る」とあるにつきて、須佐之男命の蛇を斬たまひしも、実は備前ノ国なり。故に簸ノ川といふも備前にあり、出雲の斐ノ川にあらず、と云う説もあれど、信<ウケ>られず”

 と。きっぱりと此の土肥経平の説を否定しています。私もそれでいいのではと思っておるのですが、どなたかご意見はございませんか???

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都牟刈之大刀は片刃あk??? | トップ | 草那藝之大刀 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL