私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

「むやむや」を科学的に分析すると・・・・

2016-10-08 17:28:28 | 日記

 むやむやの関と云う所は、出羽の国に在り、昔は、草木が生い茂り、行く人はしおりしていくという「「笹屋越」という山路で、今も、木深く物すごき所であると説明されています。そして

             “按ずるに、関の名を「むやむや」というは、もと木草のむやむやと生い茂りたる故なるべし。故に行人のしをりする也”

 と。そして、

              “音のあやまりより有無のひびきにかかはり”

 と書いています。「うやむや」という、さも、さびしげな音が、その山路に実際にあるのではなく、それらしい音の響きが何だかそこに響いてくるような思いが「鬼神」と云う妄説を作り上げたのだと、説明しています。人の心の働きから生まれたのだと。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「むやむやの関」は方々に在り | トップ | “むやむやの関の跡2ヶ所あり” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL