私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

矢野橋村の絵を

2017-05-11 09:19:25 | 日記

 今日も私の美術館へ、写真で誘います。
 5月の爽やかな風に誘われて、私の持っている初夏の柳を描いた橋村の軸を出してみました。信州の農村の彼にしか出せない風情を心象的に捉えて描いた作品です。巧くその神髄まで写真では捕えられないのですが、まあ見て下さい。

                             

                     

朦朧体と云うのでしょうか、春の霞の中にある今では、決して、見ることができない風景です。ほのぼのとした、何か眠りでも誘うような気分に体を包み込むようです。
  絵を見ると言うことは、音楽を聴くと同じように、生きる喜びを感じさせてくれますよね。
 
 私は、趣味で、いいものではありませんが、少しばかりの掛け軸を持っております。漸次、この続きをご紹介しますので、「またか」と思わないで、笑いながらご覧いたき、ご批判を賜りますようお願い申上げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この石なんの石??、気にし... | トップ | また、高天原の騒動に付いて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL