私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

尾形光琳になって

2017-05-06 09:03:13 | 日記

 昨日「私の美術館へ」と題して「波多野華崖」の絵を載せましたが、「少しはあなたの作品も」と、ご注告をいただきました。そこで、久しぶりに「何か写生でも。」と思い、家の周りを、ぶらぶらと、朝の散歩にもならないのですが、ふらついてみました。丁度、私の庭のアヤメが、今、最盛期を迎えております。その咲き様が、「光琳のかきつばた」に少しばかり似ているように思い、、どうしてそんなとんでもない心が突然に浮かび出たのかは分かりませんが、ちょっと手慰めにこのアヤメを「生け」てはと思い付きます。早速、鋏を持ってきて生けてみました。

 「花を生けるとは」何でしょうかね。不思議な世界ですね。これも「美術」でしょうかね。ご批判を賜ればと思います。!!!

               

                    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 波多野華崖の絵を | トップ | 「八尺勾璁」について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL