私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

「コサゲ」が「キサゲ」????このあちいのに ようも こげえな くだらんことを・・・・・

2017-07-31 09:21:06 | 日記

 神産巣日之命は刺若国比売の願いを聞くと直に

                             “キサ貝比売、蛤貝比売る<ウモギヒメ>”

 の二人の神様を伯岐之国の死せるオホクニの本に派遣して、

                            “令作活<ツクリ イカサシタマフ>”

オホクニの命を蘇らせます。その方法はと云いますと。まず、キサ貝比売は自分の貝殻を

                           ”岐佐宜<キサゲ>”

 ”集而<コガシテ>”集めます。
 この<キサゲ>ですが、「我が町吉備津」の方言に「こさげる」と云う言葉がありますが。底の方にくっついている物を竹べらか何かで削り取ることを云いますが、この貝も自分の貝殻を<キサゲ>、そうです「こさげて」、その貝の粉を作ったのではと思っております。宣長は何も説明はありませんが

 ないやかやと、この暑い中、暇にまかせて、考えるとことも私の避暑方法の一つになるのですが????????

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神様の母親です | トップ | 再び、“岐佐宜<キサゲ>”に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL