私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

おりしも、箸が河上から

2017-06-20 07:59:16 | 日記

 スサノヲは、高天原を追放されて、ようやく葦原中国に至ります。そこが出雲の国の「肥河上<ヒノカワカミ>です。その場所が古事記には

                         “鳥髪<トリカミ>”

 だと書いてあります。
 この地は、島根と鳥取の県境にある「船通山」と呼ばれている所です。現在、この山には、たくさんの「カタクリ」が自生しており、その名所として頻りに宣伝しております。
 この「肥河上<ヒノカワカミ>」が、今の「日野川」です。この川のほとりに「スサノヲ」は降り立ったのです。「これからいかにして生きていこうか」などと思いながら何気なくこの河を眺めていたのです。それが次なる「スサノヲ」の、この地における運命を待ち受けることになるのです。
 おなじみの

                        “此時箸其河流下<コノオリシモ ハシ ソノカワヨリ マガレクダリキ>”

 です。“此時”を<コノオリシモ>と読ませております。「時」を「トキ」ではなく、「おりしも」と読むと、なんだかその昔そのままの雰囲気に引きずり込まれる様な気持ちになるのですが、どう思われますか??????。
 この部分を、福永武彦は

  「人けのない河のほとりにあって、水の流れるのを眺めていると たまたま箸の流れてくるのが目にとまった」

 と訳しております。
 この「おりしも」という言葉、今は、殆ど死語になってしまっているようですが、本当に意味深な日本独特な感性の籠っている言葉だなあと、今更のように思えます。だからこそ宣長も、敢て、これを

               「(字のままに訓むもあしからねど)“許能袁理志母<コノオリシモ>”とよむべし」

と強く言いきっております。「たまたま」では、余りにもその場の雰囲気が描ききれてないように思うのですが?????

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよスサノヲは出雲に | トップ | 「オリシモ」河に箸が流れていた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL