私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

思金神の計画

2017-05-20 07:37:47 | 日記

    ④天香山に住む雄鹿の肩骨を採って、そこに生えている“天波波迦<アメノハハカ>”(朱桜<ウワズミザクラ>)を採ってきて

                                “占合<ウラヘ>”

     事の次第を占わしめます。
    ⑤天香山に生えている五百津真軒木<イホツマサカキ>を根こそぎ掘り起こし、上枝に勾玉を、中枝に鏡を掛け、下枝に白・青の丹寸手<
     ニギテ>垂らし、それを布刀玉命<フトタマノミコト>に持たして、それを前にして天児屋命<アメノコヤネノミコト>に祝詞を奉上させる。 
    ⑥天手力男神<アマノタチカラヲノカミ>を天石屋戸の戸掖<トワキ>に立たす。
    ⑦天宇受売命を天石屋戸に汗気<ウケ>伏せて、その上で舞いを舞わしめる。

 以上、7つの事を思金神は天安之河原にあつまった八百萬神<ヤオヨロズノカミ>」に提案して実行に移させます。
 さて、これだけの準備完了して、いざ実行に移しますが。その前に、少々気になることがあります。アマテラスがお隠れになって閉めた石屋戸はどのようなものだったのでしょうか???それと、天宇受売命がきていた衣装は???

 これに付いてはまた明日にでも        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  再び天界へ | トップ | 「閇<タ>てる」「闇」・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL