私の町吉備津

岡山市吉備津に住んでいます。吉備の国の中心地でもある吉備津からその歴史などをお届けします

大伯皇女の御歌“我が背子を・・・・・暁露に・・・”

2017-03-19 09:55:59 | 日記

 この歌ですが、ついでの事に、万葉仮名で描いてみます。

  “吾瀬枯乎<ワガセコヲ> 倭辺遣登<ヤカトヘヤルト> 佐夜深而<サヨフケテ> 鶏鳴露爾<アカトキツユニ> 吾立所霑之<ワガタチヌレシ>”

 とあり、此の中の“鶏鳴”ですが、これを“アカツキ”と読ましておりのです。鶏のなく時刻が中国では夜明けの証拠だとされていますが。これをそのまま日本でも使って、“暁”「アカツキ」と読ましたのだそうです。

 此の鶏の故事は「鶏鳴狗盗」の言葉として有名な話が残されております。(史記の中「孟嘗君列伝」)。話が横道にそれたついでに、今日は、そのお話から。

 中国戦国時代(BC200年頃)です。斉の国に「孟嘗君田文」という子が生まれました。妾の子で生まれた日が5月5日でしたので、5月5日に生まれた子は「父母殺す」と言われ育てないのが、当時の中国での習わしでした。そこで父は、母に「育てるな」と、命令します。でも、母は父に内緒で、竊に、育てます。孟嘗君が大きくなってから、その父親に合わせます。すると、父が「どうしてそだてたのか?」激怒しますが、それを聞いていた母の傍にいた孟嘗君は父に尋ねます。

                          “君所以不挙五月子者何故”

 「お父さんにお尋ねします。どうして5月5日に生まれた私を育てないようにと、お母さんに言ったのですか。」と。それに答えて父親は云います。
 「5月5日に生まれた子は大きくなって背が敷居に届くようになると“将不利其父母”(父や母によくないことがある)と云ったのです。するとです。そこが孟嘗君の孟嘗君たる所以なのです。次のように言ったと書かれております。

                “人生受命於天乎。将受命於戸邪”

 「人は命は天から授かるのでしょうか、それとも家の戸口から受けるものでしょうか」と、父親は、それに付いて、何も言えず黙っていますと、孟嘗君は、更に、付け加えて云い放ちます。

                ”必受命於天、君何憂焉。必受命於戸、則高其戸耳。誰能至者”

 「命は天から授かるものです。御父さん、何も心配しなくてもいいのではないでしょうか。もし、命が戸から授けっれるものとしたら、その戸を高くして行けば、、その背は、決して戸までは届きはしませんよ。」
と。此の子の言葉に、父親の云う言葉がなかったと司馬遷は書いております。これから、この孟嘗君の、とっても愉快な頓知話が続いておりますがそれは明日に又

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万葉集の大津皇子 | トップ | 夜をこめて鳥のそらねをはか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL