岐部善一郎の統合失調症啓蒙日記

主に統合失調症啓蒙活動に利用してます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第1回、統合失調症とイジメと家庭の関係その1

2016-11-01 03:19:48 | 統合失調症
統合失調症と家族との関係は無論、あります。虐待や育児放棄などがあります。私は虐待でした。こう書いていると「これまで親に迷惑かけといて」とか思う方もいるかもしれません。
けど、コレは実は違うのです!!
親が子供の足を引っ張りまくっていったからこういう病気になったのです。
その前に子供の頃のイジメを説明します。
私が病気になった理由は小学生と中学生迄のイジメと家庭での虐待にあります。
私は小学生の2年の夏休みに転校しました。横浜から鹿児島に引っ越ししましたが当初は実は私の汚点を話ますが当初はイジメグループに入っていました。この前、啓蒙キャスで話してて理由が思い出しましたがそのイジメてた女の子が泣き出して校庭迄教室から走って逃げたのですよ。
私はそれを見て、イジメグループから抜け出す決心を固めました。するとどうなったと思いますか?
クラス皆んな総出でイジメが始まりました。
その時、良く言われた事があります。
『調子にのるな!!』
『こっち来るな!!』
とにかく酷いイジメが続きました。先生も助けてくれず、心の拠り所がありませんでした。
とにかく皆さんに言えるのはイジメや虐待には負けるな!!です。虐待については第2回に書きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 統合失調症を患っている皆さんへ | トップ | 第2回、統合失調症とイジメと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

統合失調症」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。