キバンインターナショナルのこんなeラーニングどうだろう

東京都千代田区にあるeラーニングの会社、キバンインターナショナルです。動画を使ったeラーニングに強み。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボイラーの休止中の保存法について 【公表問題 平成26年後期】

2017-04-26 16:12:11 | 資格
ボイラーの休止中の保存法について 【公表問題 平成26年後期】


(1) ボイラーの燃焼側及び煙道は、すす や灰を完全に除去して、
   防錆油又は防錆剤などを塗布する。
(2) 乾燥保存法は、休止期聞が 3か月程度以内の
   比較的短期間休止する場合に採用される。
(3) 乾燥保存法では、ボイラー水を全部排出して内外 面を清掃した後、
   少量の燃料を燃焼させ完全に乾燥させる。
(4) 満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用できない。
(5) 満水保存法では、月に 1~2回、保存水の薬剤の濃度などを測定し、
   所定の値を保つよう管理する。

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボイラーのばね安全弁及び逃... | トップ | ボイラー にキャリオーバが発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。