キバンインターナショナルのこんなeラーニングどうだろう

東京都千代田区にあるeラーニングの会社、キバンインターナショナルです。動画を使ったeラーニングに強み。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボイラー用固体燃料と比較したボイラー用気体燃料の特徴について 【公表問題 平成26年後期】

2017-05-01 16:17:53 | 資格
ボイラー用固体燃料と比較したボイラー用気体燃料の特徴について 【公表問題 平成26年後期】


(1) 成分中の炭素に対する水素の比率が高い。
(2) 発生する熱量が同じ場合 、CO2の発生量が多い。
(3) 燃料中の硫黄分や灰分が少なく、公害防止上有利で、伝熱面、火炉壁を
   汚染することがほとんどない。
(4) 燃料費は割高である。
(5) 漏えいすると、可燃性混合気を作りやすく爆発の危険がある。

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボイラー清缶剤の使用目的に... | トップ | 問1 熱及び蒸気について、誤... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。