キバンインターナショナルのこんなeラーニングどうだろう

東京都千代田区にあるeラーニングの会社、キバンインターナショナルです。動画を使ったeラーニングに強み。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボイラーにおける石炭燃料の流動層燃焼方式の特徴 【公表問題 平成26年後期】

2017-05-08 16:25:44 | 資格
ボイラーにおける石炭燃料の流動層燃焼方式の特徴 【公表問題 平成26年後期】


(1) 低質な燃料でも使用できる 。
(2) 層内に石灰石を送入することにより、炉内脱硫ができる。
(3) 層内での伝熱性能が良いので、ボイラーの伝熱面積を小さくできる。
(4) 層内温度は、1500℃前後である。
(5) 微粉炭バーナ燃焼方式に比べ、石炭粒径が大きく、粉砕動力が軽減される。

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問8 ボイラーのエコノマイザ... | トップ | 問9 温水ボイラーの温度制御... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

資格」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。