木場潟再生プロジェクト

木場潟の水質浄化と生態系の再生を目標に結成しました。協力していただけるメンバーを募集しています。

南園地の干潟

2017年03月23日 | Weblog


普段は水の中だから、干潟というのはおかしいが、
水位が下がると顔を出す。
日用川の河口に近く、堆積した砂で浅瀬になっている場所が
多くある。

去年に続き、前川水門を閉めて、水をポンプアップして、
水位を下げる、水質浄化実験をしている。
今年は、30センチ下げるということだった。

本来、海鳥だが、一部のユリカモメが木場潟にも来る。
木場潟の底は泥というイメージが強いと思うが、
東側の岸は、砂浜だ。

木場潟では、水生植物が絶滅状態。
いろいろ失敗したが、アサザなどの浮葉植物が復活しつつある。
ただ、藻類は、透明度が低いせいか、光合成ができず
相変わらず、顔を出さない。

今年は、浅瀬を中心に、育成地を探す予定。
幸い写真のエリアは、ボート乗り場にも近い。
胴長を着て、生き物調査をする予定です。



歩き終わった北園地近くに、ジョウビタキがいた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木場潟クリーン作戦

2017年03月19日 | Weblog


今日(19日)、木場潟を美しくする会主催で、
6時半より、クリーン作戦が行われた。
企業や一般から1200名の参加があった。
安宅海岸や梯川、前川などでも行われている。
以前は、各場所てんでにおこなっていたが、
数年前より、同日一斉に行うようになった。

いわゆるゴミ拾いだが、実は木場潟公園には
ほとんどゴミはない。
ゴミ箱も周回路には置いてない。
職員や市民の協力もあるが、自慢してもいいのでは。
例年ヨシ原の水際には、漂着物が結構あるが
これも今年は、少なかった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガン・カモ調査の結果報告

2017年03月18日 | Weblog
ガン・カモ調査の結果が届いた。
成人の日に、全国一斉に行われるわけだが、
石川県では、12か所が指定されている。
1986年から、日本野鳥の会が県より受託し
今回が32年目になる。
冬の調査で、風雪で正確にカウントできない年もある。

さて木場潟だが、昨年より増えて、総数で5881羽。
主なものは、マガモ 2101羽、ヒドリガモ 1371羽、
コガモ 825羽、カルガモ 774羽、オナガガモ 770羽など。

驚くのは、オナガガモの増加だ。
数年前は100羽もいなかったと思うが。
私たちが作った、西園地近くのイカダの周りを中心に見られたが、
最近は、南園地まで生息域が広がっている。
横着なのは、南園地の鳥小屋にいて、与えられる餌をつついている。笑

反対に、数百羽はいたハシビロガモが3羽と激減。
原因はなんだろうか。
私の好きな、ミコアイサは4羽。
石川県では木場潟でしか見られない、全国的にも珍しい、アメリカヒドリは2羽。

4月に入ったら、次々と帰って行くんだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北園地の整地

2017年03月12日 | Weblog


ウグイスが特徴的な鳴き声を聞かせ始めた。
木場潟には年中数羽いるが、春以外のシーズンは
ヨシ原ややぶの中で、ジャッジャと汚い声で鳴いている。笑

ヨシもそろそろ新芽を出し始める。
北園地から中央園地にかけて、ヨシ原もまだ残っている。
しかし、ここ数年、つる草などの雑草が増え始め
見た目にも、バタバタな状態になっている。
土砂の堆積が多くなったせいだと思うが、そもそもヨシは
湿地などの、水気を好む植物。
ヨシ原を守る為に、北園地で水路を延長し、池を作るなど
実験的に整地した。
結果が良ければ、面積を増やして行きたい。



湿原の森近くで見つけた。
キンポウゲの仲間の「リュウキンカ」だと思うが、どうだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モズ

2017年03月09日 | Weblog

木場潟の今を、こまめに報告しようと思っているが、
こうもぐずついた天気が続くと、行くことすら、少なくなる。
これ、先日、湿原の森で撮った一枚。

カウントはしていないが、今年は、例年より多いような。
秋になると真っ先に訪れる。
鳴きまねが上手いので、鳴き声では見つけずらいが、
飛び方や尾羽の動きですぐわかる。笑
はやにえは見ていないが、どれくらいの積雪を
予想していたんだろうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河津桜が咲き始める

2017年03月03日 | Weblog

数年前、南園地の鳥小屋前に、河津桜が、5本移植された。
本場では、満開のようだが、木場潟でも、ようやく、チラホラ
開花し始めた。
花期は長いようだが、有難味が薄れる。笑

舟小屋前では、白梅が。
例年通りかな。

ツグミもいます。
一時期、全国的に、ツグミの減少が騒がれていたが、
木場潟では、昨年あたりから、ようやく、元に
戻ってきたような気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第22回木場潟環境フォーラム

2017年02月09日 | Weblog
毎年行われている、フォーラムが、今年も下記の要領で
開催されます。
興味なある方は、是非参加ください。

日時 2月26日(日) 13:30~15:30
会場 こまつドーム
特別講演 「なるほど!木場潟の水質汚濁とその対策」 
      金沢大学 長尾誠也教授

木場潟は汚染を言われて以来、近年は浄化が進んでいますが、
木場潟の汚染の原因が、他の湖沼とはやや性格が違うようです。
2012年より、長尾教授が中心になり、湖底調査を行っていて、
私たちも、何度か参加しています。
今回の報告が、ほぼ最終的な結論になると思います。
是非参加してください。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イカル

2017年01月26日 | Weblog

久しぶりに晴れ渡り、木場潟を一周。
歩き終わり、北園地に戻ると、聞きなれない鳥の声。
なかなか見つけられなかったが、木のてっぺん近くに。
イカルだった。
木場潟では、なかなか見られない。


今日の白山です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガン・カモ調査

2017年01月10日 | Weblog
毎年、成人の日には、全国一斉に、ガン・カモ調査が行われる。
私は、母親の介護やなんやかやで、今年も参加できなかった。
今日、参加した、野鳥の会のメンバーに聞いたら総数で5700羽だったとか。
5000羽キープできて、ほっとしている。
詳細は、後日報告します。

以前にも書いたと思うが、オナガガモが増えた。
何故か、私たちが作った、イカダが好きなようで
昨年作ったイカダの回りに結構いる。
以前は10数羽だったが、今年は100羽前後いるのでは。

今日、琵琶湖のT氏からTELがあった。
2月に石川県に来るとのこと。
このプロジェクトの立ち上げ当初からお世話になっており
活動の方向性を決めてくれた人物だ。
意見交換できるのを楽しみにしている。

関係ないが、明日、プロジェクトの新年会です。笑


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホトケノザ

2017年01月07日 | Weblog

今日の白山

三連休の初日だったが、久しぶりに、青空が広がった。
寒くて霜も降りていたが、多くの人が、歩いていた。


ホトケノザ

ひょっとしたら、気の早いのが、顔を出しているのでは、
と、路肩を注意しながら歩いていたら、菖蒲園近くで2株みつけた。
土定番の早春の野草だが、年々早く出てくるような。
これに続て、ヒメオドリコソウが出てくるのが、自然の流れ。笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加