どのよな国がいいのか考えよう

何か全て政権によってきめられていることに、不安を感じています。国民よる、国民のための、国民の政治をもう一度考えたい。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-10-13 18:09:02 | 政治

閉店相次ぐ「駅前の百貨店」なぜ今まで潰れなかったのか
プレジデント 10月13日(木)6時15分配信

閉店相次ぐ「駅前の百貨店」なぜ今まで潰れなかったのか



■都心部の収益悪化が閉店の背中を押した

 百貨店の閉店が相次いで発表されている。今年9月からの1年間で大手だけで9店舗が閉店予定だ。なぜ閉店が続いているのか。主な原因は、都心部の大型店の収益悪化だ。インバウンド需要を含む高額品を中心に、売上高で前年比を下回る店舗が続出。グループ全体で赤字店舗を支える余裕がなくなった。

 百貨店業界は1990年代以降、「縮小均衡」へ陥っている。都心部の大型店は売上を維持できているが、地方の郊外店の落ち込みが大きい。背景にはイオンモールなどに代表される「ショッピングセンター」(SC)の大量出店がある。地方においては、消費のハレの舞台が駅前中心市街地から郊外のSCに移った。

 このため駅前の「旧市街地」にある大手百貨店は、客の姿もまばらで、いつ潰れてもおかしくないようにみえた。それでも潰れずに営業を続けていたのは、大型店に支えられていただけでなく、「安静」にしていたからだ。売上は年々減り続けたとしても、店員の削減や営業時間の短縮などのコスト削減を行えば、ギリギリの水準で店舗は維持できる。いつかは潰れるだろうが、まだ潰さなくてもいい――。

 そうした延命策を諦めさせたのが、都心部での急激な収益悪化だ。2012年末からのアベノミクスによる「円安株高」では、外国人を中心に高額品がよく売れた。ところがアベノミクスが一段落し、局面が「円高株安」に移ると、高額品から売れなくなり、収益は一気に悪くなった。このため懸案に手をつけざるをえなくなった。
 こうした決断には、外部環境の変化も影響している。2015年6月から適用されている「コーポレートガバナンス・コード」(※1)では、企業統治の公正性・透明性の強化が目指されている。上場企業には「コンプライ・オア・エクスプレイン」(原則を実施するか、さもなければ実施しない理由を説明するか)が求められるようになった。
 この結果、多くの株主が、「アクティビスト」のように経営判断を厳しく問うようになった。たとえばセブン&アイ・ホールディングスの社長交代人事が社外取締役の意向によって否決されたのは記憶に新しい。経営陣は「なぜ社長を交代するのか」「なぜ赤字事業を放置するのか」といった株主からの質問に、客観的で説得力のある答えを用意しなければならなくなった。店舗の閉鎖は地元との軋轢も生む重い決断だが、外部からのプレッシャーが決断を後押ししたといえる。
※正面きっていえないのでしょうが、アベノミックはもう限界をこえたといいたいのでしょう。
 ほころびは、大手百貨店に始まり、次は再び大型スーパーへ、そしてコンビニへと進むのではないか。これはそこでは経営統合で一見店舗数が増えてかのようにみえるが実は、店舗数を減らす狙いがあるのでだ。同じ地域に同名コンビニがいくつあってもしょうがないことからわかることである。
 これは、家電量販店でも同じで、一見景気よさそうに新店舗開店をCMなどでながしているが、これは百貨店が外国人の爆買いでよかったのとおなじで大都市の店舗で売り上げた時に得た利益で土地を買い、次々に店舗を開店していったが、これも一段落し、販売不振店舗を閉店している。これは業界の上位企業で著しい。経営統合で店舗数を減らし収益を図るところや店舗数を以前から増やさずやっているところもある。
 更に日本基幹産業の自動車販売会社にもその影響は出始めている。国内販売が振るわない、免許取得者の減少や自動車を取得者数の減少などが、都市でも、地方でも人口減少と高齢者の増加で運転できない人が増えているからである。
 TVで都内の飲食店での宣伝や紹介をよく流しているがどれだけの効果があるのか、新しいスポットができると紹介しているが、誰が見ているのか、一時的には話題になるが、スカイツリーもいまや過去のものである。目先を変えただけではだめである。
 外国から日本を訪れる人がいまはいるが、これからも増え続けることはない。必ず過剰な状況になれば、それを避ける動きが生じてくるからである。
 中国からの流入も来たい人が一段落したり、買い物で来る人は、来なくても買えるルートが確立すれば、来なくなってしまう。
 いまの日本の状況はやや過剰ぎみ、オリンピックまでもつかどうかである。
 いずれにしろアベノミクス効果はもうこれが限界にきていることは様々指標に見えてきているが、マスコミをはじめ、経済界も政界も、景気は良い方が都合よいので、あまり裏を出さないようにしているのだ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本とは日本の道徳を守るべ... | トップ | 働くものを大切にしない国は... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。