どのよな国がいいのか考えよう

何か全て政権によってきめられていることに、不安を感じています。国民よる、国民のための、国民の政治をもう一度考えたい。

民進党(民主党)の愚かさ

2016-12-20 17:51:54 | 政治
 日本は多くの政党があり、政権は自民党が長年に渡って担っていたなかで、日本も政権交代ができるように選挙制度も二大政党を推進するために、小選挙区制を取り入れた。しかし、これを利用して、民主党として政権担当したのに、それが生かされずに自民党に仕掛けられ内部崩壊をさせられ、今の状況はこのままでは再生不能な状況である。どうすればよいか、目的・目標をひとつに絞る、達成にはいろいろの方法を相互に認めることやイデオロギー論を捨てることも必要である。過去の組織の考え方にとらわれない新組織として生まれかわること、そして、今の自民党以上に国民の負託にこたえる政権を作るようにする。そして国民が信頼する政権を継続できるようにする。労組だよりではなく、大企業でも支持してもらえる政党にすることである。IT企業や先端産業、既得権に縛れない産業、基幹産業を母体に持つようにする。
 自民党を古い体制の財閥系企業とし、民進党はこれからの新興産業グループとして、互いに切磋琢磨して国を良くしていくのに貢献できるようにする。
 それなのに、新しさが感じられない、党内で勢力争いでまとまりがない政党に見られている。これをもういちど復活させなければならない。
 いま、一強自民党といわれているが、政権のおごりがあちこちにみられ、すくなからず、日本もアメリカ同様に中間所得層の不満は隠れ自民党や無所属支持という形(世論調査ではどちらかともいえない、わからない)で意思表示をしている層もあるので、内閣支持率が50%あると自信をもっていて、いつでも衆議院の解散をちらつかせている自民党だが、開いてみたらこんなはずでなかったという結果がでることもある。それは、みんなが思っているのは旧マスコミの調査で、イギリスのEU離脱でも、これはないとの判断、アメリカの大統領選でもクリント氏有利が伝えられていたのである。それに対してネットの調査ではでは逆の結果がでていたのである。それは、日本でもn
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無責任な政府の対応 | トップ | 安倍首相と同じ考え方で戦争... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。