まったり~

まったり~っとしながら、お気に入りのものたちの紹介や、日々の出来ごと、読んだ本の感想などなど・・・日常生活を綴ります

北の大地へ (Part 2)

2016年10月14日 | お出かけ
旅行記事、間をあけずに頑張って投稿します(笑)


道東旅行2日目は、摩周湖、屈斜路湖の間にある「川湯温泉」というところへ行ってきました。

この日は、次男は学祭の前夜祭で学校へ行ってしまったので、夫、母との3人旅(笑)





まずは、途中のオホーツク海へ。

ニポポ像です。

「さいはての地オホーツク海にて」という記念写真を撮る場所ですが、その上の看板も取れてしまっているし、ちょっとさびれていましたね(苦笑)


途中



このような牛がたくさん放牧されているところも。
北海道ならではの景色です。

しばらく車を走らせていくと到着しました「川湯温泉」



阿寒湖はもっと遠いのですが、この辺は阿寒国立公園というそうです。



周り、少しだけ紅葉していました。



こちらは、温泉が湧いて流れている川のようなもの。



このような場所もありました。温泉の生成地ということですね。



そして足湯につかりました。








こちらは源泉が流れ出ている場所。

かなり熱いお湯でしたが、足を浸けてしばらくすると心地よくなるのが不思議です。
周りが寒いからか、とてもポカポカと身体が温まりました。



こちらは、硫黄山。

モクモクと白い煙が上がっていました。

ちょうど箱根の大涌谷のような感じです。

川湯温泉駅の近くに



くりーむ童話というジェラートアイスの店があります。



私は桜餅というジェラートアイスを食べましたが、甘すぎずさっぱりとしてほんのり桜の香りもし、お餅も入っているような不思議な食感のアイスでした。

とても美味しかったです。
今回シングルにしましたが、これならダブルでも食べられそう!(笑)と思ってしまいました。




帰り道は「小清水原生花園」に寄りました。







こちらが駅。
一本のまっすぐな線路。

のどかな風景です。



秋なので、花は咲いておらず枯れ野原だったのは残念です。



展望台からオホーツク海を眺めました。


2年前に行った時には、紅葉がとても綺麗で楽しめたのですが、今回はあまり紅葉が進んでおらずに少し残念でした。
私たちが行ったころから気温が下がり始めたようですが、それまでが比較的暖かい日が多かったからだとか・・・?
あちらのニュース番組で言っていました。

さて、一旦ホテルに戻った後、夕飯に次男と合流し北見の「トリトン」というお寿司屋さん(道民の方にはかなりメジャーな美味しいお寿司屋さんだそうです)に行ったのですが、ものすごい混雑。1時間以上待たなければならないのであきらめました。

そして、あちらでは美味しいと評判らしい「波飛沫」というラーメン屋さんに入ったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました(;'∀')

北見までは移動だけで1時間ちょっとかかるので、ホテルに着いたら22時近く。

長~い一日でした。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北の大地へ (Part 1) | トップ | 北の大地へ (Part 3) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む