不思議な能力

 こんなことで人の栄枯盛衰が決定されるなんて・・・
 調べれば調べるほど、驚愕の事実が判明しました。
 

不思議な能力99―39(平野美宇「発達障がいの妹の面倒を…」)

2017年07月06日 | お知らせ

 平野美宇「発達障がいの妹の面倒を…」母明かす“お姉さん素顔”(女性自身)という記事が目にとまりました。

 記事内容(女性自身記事より)
 平野美宇「発達障がいの妹の面倒を…」母明かす“お姉さん素顔”「今回の本で、三女の亜子が発達障がいとともに生まれたことを初めて書きました。私は美宇という日本一の卓球女子を育てた母親と言われますが、同時に障がい者の娘を育てた母親です。どちらも同じ子育てなんです。そのことを伝えたいと思いました。」そう語るのは、ドイツで開催された卓球世界選手権女子個人で48年ぶりの銅メダルに輝いた平野美宇選手(17)の母・真理子さん(48)。山梨県甲府市郊外で卓球教室「平野卓研」を営む真理子さん。娘の応援に赴いたドイツのホテルで、新著『美宇は、みう。』(健康ジャーナル社)の原稿を書き綴った。その中で、三女の亜子さん(12)が発達障がいだと初告白したのだ。
 「亜子は対人関係が希薄で思ったことをそのまま素直に行動に移しますから、幼児期は『先生のお話を聞きましょう』と言われても、嫌なのですぐに向こうに行ってダラーっとしてしまう。無理に引き戻しても逆効果。ゆっくり諭すように話して、時間をかけてやらせました」
 真理子さんが美宇選手の遠征に付き添って家を空けるのが寂しくて泣いていた亜子さんは、6歳で「亜子も卓球やりたい」と言い出したそう。
 「本人が『やる』と言うならママの私も徹底して付き合おうと。美宇もたまに実家に戻ったときは、卓球で亜子の相手をしてくれます。亜子にとって日本代表の姉は“雲の上”の存在。美宇から『亜子、こういう風に返すんだよ』とレッスンをしてもらうと、『美宇ちゃんが教えてくれたよ!』って大はしゃぎ。『ショートバウンドで打ち返したら相手に勝てるよ』と教えると、ひたむきに一生懸命練習していました。執着心は相当なものなんです」3姉妹でいちばん最後に卓球を始めた亜子さんは、瞬く間に頭角を現した。昨年には小学生日本代表として海外に派遣されるまでに。「あの亜子がここまでねえ」と真理子さん自身も驚いたという。
 「大体ひとりでできるようになりましたが、頬にケチャップがついていても平気とか、気になることもあります。少しずつゆっくり、ですね。美宇の目標は3年後(東京五輪)。そこで金メダルを狙っています。姉妹3人、みんながんばっているのが自慢です!」
 卓球一家の子育てママはそううれしそうにほほえんだ。(以上女性自身)


 発達障害に限ったことではありませんが、精神疾患については、地球上では小生以外には治せないと自負をいたしております。
 原因が解り、治療方法を確立しているからです。
 平野亜子さんの場合は、お母さんとの関係で発症しています。
 お母さんは現在48歳です。
 「数字」が変わっています。
 引っかかっていた「数字」は外れています。
 つまりは、このままで良くなっていきます。
 それだけです。
 数年後には、何もなかったように良くなります。

 スポーツ選手で一番手っ取り早く、世界で活躍できる数字のパターンがこの平野亜子さんが持っている「数字」です。
 これに、ご両親のどちらかが応援(数字で補強)してやれば、簡単に世界で活躍が約束されます。
 また、美宇さんと良い関係になっています。
 美宇さんが亜子さんの面倒を見ると言うことはとても良いことだと思います。
 頑張ってください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議な能力99―38(何故事件... | トップ | 不思議な能力99―40(よろしけ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。